脊柱起立筋の筋トレ&ストレッチ。背中を鍛えて姿勢を正す5つの鍛え方とは

背中のシックスパック「脊柱起立筋」の筋トレに取り組めば、代謝上昇・姿勢矯正・肩コリや腰痛の予防、など様々なトレーニング効果が見込めるかも。そこで今回は、ダンベルやバーベル、ストレッチ、自重の正しい鍛え方はもちろん、力強い背中がGETできるメニューを徹底解説。

脊柱起立筋を鍛えて、男の貫禄感じる“逞しい背中”を手に入れて。

脊柱起立筋とは

昔から背中は男らしさの象徴と言われているため、僧帽筋や広背筋といった背中の筋肉を鍛える男性は多いでしょう。では、芯となる『脊柱起立筋』も意識的に鍛えていますか?

基礎代謝が上がる・姿勢が良くなる…などトレーニングのメリットが二重三重とある脊柱起立筋をしっかりと鍛え上げて、男の芯から逞しさを感じる背中をGETしてくださいね。今回は、数ある筋トレメニューの中から、脊柱起立筋を鍛えられる筋トレメニュー&ストレッチを厳選してご紹介。鍛えるメリットまでしっかりと把握して理想的な背中を作り上げましょう。


そもそも、脊柱起立筋ってどんな筋肉?

脊柱起立筋ってどんな筋肉なの?

『脊柱起立筋』とは背骨に沿ってついている筋肉で、鍛えることで背中の真ん中に縦のラインがしっかりと浮かび上がります。“背中のシックスパック”とも言うべきそのラインは、シルエットを美しく見せるだけでなく、男らしい背中を見せる上でも欠かせない部分。広背筋や僧帽筋と同じくらい、いやそれ以上に大切な筋肉と言っても過言ではないかもしれません。


脊柱起立筋の仕組み・構造と、その働きとは

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

脊柱起立筋は、脊柱から近い順に棘筋、最長筋、腸肋筋の3つの筋肉で構成されています。これらは別々の筋肉ですが、同じ働きを持ち、1つの大きな筋肉のように機能することから、総称して「脊柱起立筋」と言われています。背骨の左右に分かれて付いた筋肉で、鍛えることで筋肉が盛り上がり、背骨にラインのような彫りが浮かび上がる仕組み。


脊柱起立筋の働き

脊柱起立筋は主に2つの役割を担っています。

  1. 上半身を起こした状態を維持する
  2. 上半身を上に伸ばし、後ろに仰け反らせる

デスクワークなどで背中に痛みを感じるのは、脊柱起立筋が疲れている証拠


脊柱起立筋を鍛えて得られる効果とは?

では、脊柱起立筋を鍛えると、どんな効果が期待できるのか?筋トレに取り組むと得られる3つの驚くべきメリットをお教えします


脊柱起立筋を鍛えるメリット① 基礎代謝が上がり、太りにくい身体に

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

脊柱起立筋はあまり大きくない筋肉と思われがちですが、実は背丈の長さと同じくらい大きな筋肉で、発する熱エネルギーは身体全体にまで影響を及ぼします。そのため、脊柱起立筋を鍛えるだけで、体の基礎代謝が上がりやすくなったり、太りにくい体質になったりと、大きなメリットを享受できる可能性があります。「基礎代謝をスムーズにあげたい!」という男性は大きな筋肉(大胸筋大臀筋など)を同時に鍛えられるトレーニングをこなすと良いでしょう。


脊柱起立筋を鍛えるメリット② 姿勢がビシっとなる

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

脊柱起立筋は背骨に沿って付いている筋肉なので、鍛えたら姿勢も必然的に引き締まります。背筋がピシッとしていると、男らしくハッキリとした立ち振舞が自然と身につき、女性を魅了するルックスにスーツやファッションの着こなしも驚くほど綺麗な仕上がるでしょう。パリコレなどを歩くモデルって、堂々と凛としていますよね。だから、服もよりオシャレに見える訳です。メンズファッションのトレンドを捉えるのは当たり前として、その服装が似合う筋肉も鍛えましょう。


脊柱起立筋を鍛えるメリット③ 肩こりや腰痛などが改善するかも

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

脊柱起立筋を鍛えると、体調不良の悩みが改善しやすい身体になるかも。特に肩こりと腰痛の予防につながるのは、デスクワークの多い男性にとって嬉しいポイントですね。何か元気が出ないな〜という男性は、脊柱起立筋のトレーニングに励んでみてください。


脊柱起立筋を効果的に鍛えられるトレーニングメニュー

脊柱起立筋を鍛えるメリットが分かったところで、実際に取り組みたい筋トレメニューを解説。自宅でできる自重トレーニングからダンベルやバーベルを使ったジムでのワークアウトまで、今すぐ実践できる効果的なコツや回数も含めて徹底レクチャーします。


1. 脊柱起立筋のトレーニングメニュー『バックエクステンション』

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

まずは基本のトレーニング「バックエクステンション」から。背筋全てを使って行う、背部の総合トレーニングと言えます。負荷は基本的に自重なので、キツイわけではありませんが、反動をつけてしまいやすいトレーニングなので、フォームを意識して取り組むようにしましょう。

鍛えられる部位

  • 脊柱起立筋
  • 広背筋
  • 僧帽筋

バックエクステンションの正しいやり方

  1. うつ伏せになった状態で寝っ転がる
  2. 手を頭の後ろに添えていく
  3. その状態で胸と足を同時に浮かせて、体を反らす
  4. その状態のまま、3秒間キープ
  5. その後、ゆっくりと元に戻していく
  6. この動作を20回繰り返す
  7. インターバル(30秒)
  8. 残り2セット行う
  9. 終了

バックエクステンションの目安は、20回 × 3セット。トレーニングの筋トレ効果を高めるために、セット間に必ずインターバルを入れていきましょう。

トレーニングのコツ

  • 反動を使わずに、背中の筋肉に意識を集中して収縮させる
  • 反らした身体を戻すときには、背中の緊張を保ちながら戻していく
  • 動作の終始、顔の角度は一定に保つように意識する
  • 正しい呼吸法を身につけて行う
  • トレーニングに慣れてきたら、アンクルウエイトをプラスする

筋トレ初心者はまず脊柱起立筋を意識しながら、トレーニングしていきましょう。痛みを感じた場合はすぐにやめてフォームの確認を行ってくださいね。

【参考記事】バックエクステンションは、姿勢を正すのに最適なトレーニングです▽


【参考動画】1分で分かるバックエクステンションのやり方

バックエクステンション動画のスクリーンショット


2. 脊柱起立筋のトレーニングメニュー『デッドリフト』

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

筋トレBIG3の1つである『デッドリフト』。背筋全体だけでなく、太ももや腕の筋肉も刺激できる総合トレーニングです。負荷のかけ方として、ダンベルとバーベルがありますが、フォームをきれいに維持するなら、バーベルの方がおすすめです。両手をバーで固定するので、無駄な動きが少なくなります。バーベルが無い場合や軽い負荷で行いたい場合は、ダンベルを使うといった感じです。

鍛えられる部位

  • 脊柱起立筋
  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 大腿四頭筋
  • ハムストリングス
  • 前腕筋

デッドリフトの正しいやり方

  1. バーの手前、すねがバーベルバーに触れるギリギリの位置に立つ
  2. 足幅は、肩幅よりも少しだけ広げる
  3. 両膝を軽く曲げて、肩幅よりも少し広めの手幅でバーをつかむ
  4. 背筋を伸ばし、腰を反らせたまま両肘を伸ばしていく
  5. 膝が伸びきって、直立したら肩甲骨を少し内側に寄せていく
  6. その状態のまま、少しの間キープ
  7. 負荷を感じながら、ゆっくりと元に戻す
  8. この動作を10回繰り返す
  9. インターバル(1分間)
  10. 残り2セット行う
  11. 終了

デッドリフトの目安は、10回 × 3セット。高負荷のかかるトレーニングになるため、慣れるまで休憩を挟みながら行っていきましょう。

トレーニングのコツ

  • 背中を丸めると腰痛などの怪我に繋がってしまうため、背筋は必ず伸ばしておく
  • フィニッシュの時に、腰を反らせ過ぎると、腰痛になってしまうので、背筋は真っ直ぐキープする
  • 脊柱起立筋を鍛えるのに、高負荷は必要ないので、少し重いと思うくらいの負荷で取り組む
  • 正しいフォームを確認しながら行う
  • 息を吐きながら持ち上げていき、吸いながら戻す

デッドリフトは、筋トレ種目の中でもトップクラスの筋トレ効果をもたらしてくれますが、それと同時に怪我人も多く出るトレーニングです。フォームの確認とストレッチを怠らないようにしましょう。

【参考記事】負荷・効果ともに最高峰の筋トレとえば、「デッドリフト」

【参考動画】デッドリフトの正しいやり方を詳しく解説▽


3. 脊柱起立筋のトレーニングメニュー『ワンハンドローイング』

脊柱起立筋を効果的に鍛えられるトレーニングメニュー

ダンベルを使った背筋トレーニングのワンハンドローイング。マシントレーニングと違い、不安定になりやすいので注意しましょう。身体を同じフォームで維持するのが難しい種目なので、フォームは常に意識して取り組んで下さい。

鍛えられる部位

  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 脊柱起立筋
  • 上腕三頭筋

ワンハンドローイングの正しいやり方

  1. フラットベンチや椅子を用意する
  2. 床に置いたダンベルを鍛える側の手で持ち、反対側の手は伸ばした状態でベンチの上につける
  3. ベンチに手を付いている側の膝もベンチに乗せて、身体をしっかりと固定していく
  4. (3)の時、背筋を水平+20度くらいを目安に傾け、背筋をしっかりと伸ばしましょう
  5. 視線は前を向いて、息を大きく吸いながら肩甲骨を内側に寄せるようにして、脇腹あたりまでダンベルを引き上げる
  6. 身体の軸を安定させながら、限界までダンベルを上げていき、頂点で静止する
  7. 息を吐きながら、腕が伸びきる一歩手前まで、じわじわとダンベルを下ろす
  8. この動作を15回繰り返す
  9. インターバル(1分間)
  10. 逆側も同様に行う
  11. 残り2セットトレーニング
  12. 終了

ワンハンドローイングの目安は、左右15回ずつ × 3セット。やや重めのダンベルで行うと効果的に脊柱起立筋に刺激を届けられますよ。

トレーニングのコツ

  • 反動を使って上げるのではなく、筋肉を意識してゆっくりと取り組む
  • 背筋が丸くなってしまうと、背筋への効果が薄れてしまうので、背筋を伸ばした状態を意識する
  • フォームを確認して、崩れるようなら、負荷を軽くして行う
  • 肘を外側に開かない
  • 腕を引くときに、体は常に固定しておく

腕を引きながら、体も曲がってしまっては筋トレ効果を期待できません。トレーニング中はダンベルを持った腕だけ動かして、負荷をかけていきましょう。

【参考記事】広背筋を鍛えるワンハンドローイング。効果的な鍛え方をお教えします▽

【参考動画】ワンハンドローイングの正しいやり方を詳しく解説▽


4. 脊柱起立筋のトレーニングメニュー『 二―トゥーエルボー』

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

自重の総合体幹トレーニングとして、体全体を鍛えられるニートゥ・エルボ。全身を鍛えながら脊柱起立筋のトレーニングにもなるので、まさに一石二鳥ですね。ちょっとした時間に取り組めるのも嬉しいポイントです。

鍛えられる部位

  • 脊柱起立筋
  • 僧帽筋
  • 広背筋
  • ハムストリングス
  • 大腿四頭筋
  • 三角筋
  • 腹直筋

ニートゥーエルボーの正しいやり方

  1. 仰向けになって寝っ転がる
  2. 最初は、膝をついた状態で、四つん這いの姿勢を作る
  3. 対角の手足を一直線になるよう伸ばしていく
  4. 伸ばしきったらゆっくりと縮めていき、お腹の下で膝と肘をくっつける
  5. その後、ゆっくりと元に戻していく
  6. この動作を10回繰り返す
  7. インターバル(30秒)
  8. 逆の手足も同様に行う
  9. 残り2セットトレーニングする
  10. 終了

ニートゥーエルボーの目安は、左右10回ずつ × 3セット。正しい呼吸法を守りながら、トレーニングを行っていきましょう。

トレーニングのコツ

  • バランスを崩さないように、身体を安定させながら取り組む
  • 伸ばすところ、縮めるところでメリハリをつけて行う
  • 正しい呼吸法を身につける
  • 腰とお尻を落としすぎないよう注意しておく
  • 慣れてきたら、膝も地面から離す

寝るスペースを確保できない男性は、立った状態でニートゥーエルボートレーニングを行ってみて。要領は立ったまま、肘と膝を少しずつ近づけていくだけ。脊柱起立筋を意識しながら、効果的に筋トレしていきましょう。

【参考記事】立ったまま行うニートゥーエルボーのやり方&コツ▽


【参考動画】1分で分かる四つん這いニートゥエルボーのやり方

ニートゥエルボー動画のスクリーンショット


5. 脊柱起立筋のトレーニングメニュー『ベントオーバーローイング』

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

『ベントオーバーローイング』は、広背筋を筆頭に、背中の筋肉を全体的に鍛えられるトレーニングです。ダンベルでも、バ―ベルでも取り組めるトレーニングなため、筋トレ初心者からも人気のトレーニングメニューです。

鍛えられる部位

  • 脊柱起立筋
  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 三角筋(後部)
  • 上腕三頭筋

ベントオーバーローイングの正しいやり方

  1. 床にセットしたバーベルまたはダンベルを置いて、その前に立つ
  2. 中腰の姿勢で胸を張り、背筋を伸ばしたままバーを握る
  3. ゆっくりと持ちあげ、膝の位置に来たら一度止めておく
  4. そこから、肩甲骨を内側に寄せるようにして、バーベルまたはダンベルをお臍に向かって引き上げる
  5. 限界まで引き上げたら、1秒間キープ
  6. その後、背筋を刺激するようにゆっくりと元に戻していく
  7. この動作を10回繰り返す
  8. インターバル(1分間)
  9. 残り2セット行う
  10. 終了

ベントオーバーローイングの目安は、10回 × 3セット。最初のうちは、やや軽めのバーベルを使って正しいフォームを固めていきましょう。

トレーニングのコツ

  • 引き上げる時には、肘を後方に向け、斜めに引く
  • 肩甲骨を真ん中に寄せるようにして、筋肉を緊張させる
  • 背筋は常に真っ直ぐの姿勢を保ち、腰痛を防ぐ
  • お尻を突き出すだけじゃなく、腰からしっかりと折る
  • 太ももに当てすぎない

ベントオーバーローイングは基本的に太ももに触れた状態で行いますが、あまりにも太ももへ負荷をかけてしまうとバランスを崩す恐れがあります。安定した姿勢をキープしたまま、トレーニングしてくださいね。

【参考記事】屈強な背中を鍛えるベントオーバーローイングを徹底解説▽


【参考動画】ベントオーバーローイングの正しいやり方を詳しく解説▽


筋トレだけじゃダメ?ストレッチにも取り組んで。

脊柱起立筋のトレーニングメニューについて解説していきました。しかし、どんな筋肉も、ただ痛めつけるだけではダメ。しっかりとストレッチにも取り組む必要があります。

ここからは、脊柱起立筋をほぐせる代表的な3種類のメニューをご紹介します。筋肉をほぐせるストレッチのやり方&コツをマスターしていきましょう。


脊柱起立筋のストレッチ1. 肩入れストレッチ

脊柱起立筋のストレッチメニュー

脊柱起立筋から大臀筋までほぐせるストレッチメニュー。シンプルな柔軟体操になるため、正しいやり方からコツまでしっかりとマスターしていきましょう。

ストレッチのやり方

  1. ストレッチマットやベッドの上に座る
  2. 両足を伸ばして、上半身を90度起こします
  3. 右足の膝を曲げて左足の外側に回す
  4. 左手を右足の向こう側に回して、体をゆっくりと捻る
  5. (4)の時、右手は後ろに置いて安静しましょう
  6. 呼吸を安定させて20秒キープ
  7. ゆっくりと戻して、逆側も同様に行います
  8. 残り1セット行う
  9. 終了

ストレッチの目安は、左右20秒ずつ。腰回りの筋肉が伸びているのを感じながら取り組みましょう。

ストレッチのコツ

  • 呼吸を安定させて行う
  • 痛みの出ない範囲まで体を捻ります
  • バランスを崩さないように体を支える
  • 肩をしっかりと中に入れる

ストレッチで効果的なコツは、体のバランスを崩さないように逆側の手を使うということ。ただ、肩を内側に入れるだけでは筋肉全体をほぐせません。バランスをとりながら、脊柱起立筋を伸ばしていきましょう。

【参考動画】ストレッチのやり方を解説▽

腰のストレッチ動画のスクリーンショット


脊柱起立筋のストレッチ2. ツイストストレッチ①

脊柱起立筋のストレッチメニュー

脊柱起立筋への刺激を高めた脊柱起立筋ストレッチ。デスクワークの多い男性でもすき間時間で取り組めるメニューですので、しっかりとやり方を覚えていってください。

ストレッチのやり方

  1. 膝よりも低い椅子を用意します
  2. 椅子の前側に座り、体を安定させて行う
  3. 左手で右足の太ももを掴み、右手は背中の後ろに回し椅子の縁を握る
  4. 体をゆっくりと右に捻る
  5. (4)の時、背中を伸ばした状態で行いましょう
  6. 限界まで捻って20秒間キープ
  7. 逆回りも同様に取り組む
  8. 終了

ストレッチの目安は、左右20秒ずつ。脊柱起立筋への刺激を感じながら取り組んでいきましょう。

ストレッチのコツ

  • 呼吸は止めずに安定させて行う
  • 手の位置は固定した状態で体だけを捻る
  • 体は前に倒さない
  • 足は組んだりせず、軽く開いた状態で行う

ストレッチで効果的なコツは、手の位置を動かさずに上半身だけを捻るということ。体を後ろに捻ってしまう方もいますが、それでは効率よく筋肉を刺激できません。脊柱起立筋が伸びているのか感じながら行っていきましょう。


脊柱起立筋のストレッチ3. ツイストストレッチ②

脊柱起立筋の効果的なストレッチメニュー

椅子に座ったまま、簡単に行える脊柱起立筋のストレッチメニュー。大胸筋や大円筋など肩周りの筋肉も効率よく伸ばせる柔軟体操になるため、上半身全体をスムーズにほぐせますよ。この機会にやり方&コツをマスターしていきましょう。

ストレッチのやり方

  1. 膝よりも低い椅子を用意する
  2. 椅子に座り、足を肩幅分ほど開きます
  3. 右手を両足に乗せて体を前に倒す
  4. このまま、左手をゆっくりと上に上げていく
  5. (4)の時、左手と同様に体を少し開いていきましょう
  6. 一番高いポイントで止め、20秒間キープ
  7. ゆっくりと元に戻す
  8. 右手も同様に行う
  9. 残り1回ずつ取り組む
  10. 終了

このストレッチの目安は、左右20秒 × 2回。上半身の血の巡りが良くなるイメージを持ちながら取り組んでください。

ストレッチのコツ

  • 呼吸は止めずに安定させて行う
  • 上げない手は下に伸ばすか、足に固定しておく
  • 胸を開くイメージで手を上げていきましょう
  • 腰を少しひねってあげる

ツイストストレッチ②で大切なコツは、胸を開くイメージで手を上げていくということ。腰部分まで開いてしまうと、脊柱起立筋への刺激は弱くなり、上手くほぐせなくなります。腰まで固定した状態で、胸を天に向けるよう動かしていきましょう。


猫背を矯正しながら筋肥大できる加圧シャツとは

体幹全体を引き締める加圧シャツ

価格:4,300円
筋トレマニアを中心に人気急上昇中のアイテム、加圧インナーシャツ。体にピタッとフィットし、猫背を矯正すると同時に背筋全体を適度に刺激してくれます。トレーニングの質を高め、効果的に筋肥大させることが可能です。また、着用するだけで筋トレと同じ効果を期待できるため、普段トレーニングに行かない男性にもおすすめ。猫背が気になっている方、トレーニングの質を高めたい方はぜひ1度試してみてください。

販売サイトで購入


【参考記事】加圧シャツをランキングでご紹介


プロテイン以上の効果が期待できるHMBサプリもおすすめ

HMBサプリを取り入れて効率的な筋トレをする

「今まで鍛えても筋肉がつかなかった」「ちゃんと食べているのに効果がみえない」等の悩みを抱えている人に特におすすめなのがHMBサプリです。筋肉の分解抑制が期待できる必須アミノ酸の一種HMBを摂取できるサプリで、筋トレの効果向上が期待できます。時間をかけて鍛えた脊柱起立筋をしっかりと維持するためにも取り入れて筋トレ効率を上げましょう。

販売サイトで購入


脊柱起立筋を鍛えて、力強い背中を手に入れて。

脊柱起立筋を効果的に筋肥大させる鍛え方.jpg

男らしい背中に欠かせない、脊柱起立筋のトレーニングメニューをお教えしました。コツコツと鍛錬を重ねて、魅力的な後ろ姿を手に入れてくださいね。姿勢からカッコいい男になって、ワンランク上の人生を。

【参考記事】背筋のトレーニング&ストレッチを解説

【参考記事】背筋の中でも広背筋を鍛えたい男性はこちら▽

【参考記事】僧帽筋を鍛えて盛り上がった肩甲骨を手に入れて

【参考記事】自宅で出来る背筋トレーニングとは▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事