彼女が喜ぶ呼び方とは?NGな呼び方&呼び名を変えるタイミングも紹介

付き合い始めなど彼女の呼び方に迷う時ってありますよね。今回は、彼女が呼ばれて嬉しい呼び方を大公開します!さらに、嫌がる呼び方や呼び名を変えるタイミング、呼び方を変えられた彼女の本音も解説します。彼女の呼び方に悩んでいる男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼女をどう呼べば喜ばれるか悩む時ってありますよね。

彼女が喜ぶ呼び方

彼氏から「〇〇」と呼ばれたい!ひそかにそう考えている女性は少なくありません。

男性が思っている以上に、女性は好きな人にどう呼ばれるのか、呼ばれ方を気にしているものです。

そこで今回は、付き合っている彼女が喜ぶ理想的な呼び方を解説した上で、女性が嫌がるNGな呼び方や呼び名を変えるタイミングについてご紹介します。


彼女に喜ばれる理想的な呼び方とは?

彼女の呼び方には、様々な種類があり、呼んでくれる人によって呼んでほしい呼び方が変わります。

仲の良いカップルならお互いが好む呼び方を使えますが、もし彼女が喜んでくれる理想の呼び方があるなら、いつか呼び方を変えてみませんか。

人気のある呼び方だけでなく、二人の親密度が上がる呼び方などもあるので、参考にしてみてください。


呼び方1. 親密度がグッと上がる「下の名前を呼び捨て」

彼女を呼ぶ時に「呼び捨て」にする男性も少なくありません。「呼び捨て」は、男性と女性の二人の距離感をグッと縮めます

「彼氏が特別な存在だからこそ親密度を高めたいので、下の名前を呼び捨てされたい」という女性が多いのです。

お互いの今の呼び方に違和感があるなら、「呼び捨て」は親密度の上がる呼び方としておすすめです。


呼び方2. 可愛らしい「〇〇(下の名前) + ちゃん付け」

年下彼女や、同い年でも可愛らしさのある彼女と付き合っていると、呼び捨てでは少しきつい印象がして抵抗を感じる人もいるでしょう。

そんな時は、相手に対してソフトに呼びかけられるよう、下の名前に「ちゃん」を付けて呼んでみましょう。

親しみを込めやすい上に、彼女に対して可愛いという印象を持っていると間接的に伝えることができますよ。


呼び方3. ラブラブカップルに定番の「あだ名」

自分たちだけの呼び名である「あだ名」で呼ぶパターンは、付き合っているカップルの心理的距離がかなり近い場合におすすめです。

名前で呼ぶのとは違って、何かのきっかけがあってそのあだ名が決まったわけなので、いわば二人だけが共有する特別な呼び方

恋人同士だからこそ使う名前として、ラブラブ度が高まる上に親密度も高めることも可能な呼び方と言えるでしょう。


呼び方4. 紳士的な男性のイメージを与える「〇〇(下の名前) + さん付け」

年齢も関係しますが、男性が呼ぶなら紳士的なイメージ、呼ばれる女性は落ち着きのある上品なイメージを与える呼び方は、「〇〇(下の名前) + さん付け」です。

「さん付け」で呼ぶ習慣があると、ある程度の距離を保つこともでき、年上彼女や職場恋愛の場合にも喜ばれます

丁寧な言葉遣いにふくまれるので、敬語を使うようにしているカップルの場合は、「さん付け」が最適です。

TPOによって変える必要がなく、双方の家族や両親の前でも切り替えることなく呼べるので、違和感なく使える呼び方でしょう。


呼び方5. 最初は慣れ親しんだ「苗字を呼び捨て」

学生時代の同級生だった、バイト先が一緒だったなど、初めは友人や知り合いという関係だった場合は、名前よりも苗字で呼び合い始めたカップルは多いでしょう。

恋愛関係を強調するのではなく、少しさっぱりとした関係を互いに望んでいる場合も抵抗がない呼び方です。

「さん」「ちゃん」などの敬称がないため、対等な関係でいたいというカップルには違和感がないはず。決して愛情がない呼び方というわけではありませんが、友達の付き合いが長いカップルは、最初は苗字で呼んでから、タイミングを見計らって別の呼び名に変えるカップルもいますよ。


呼び方6. 男性の甘えん坊感が出る「〇〇(下の名前) + たん付け」

彼女の希望だけでなく、お互いにラブラブ度を高めていたいカップルは、「たん」付けで名前を呼ぶのも良いでしょう。

周囲から見てもラブラブ度の高さがよく分かるため、甘えん坊な自分を受けていれてくれる彼女なら喜ぶ呼び方でもあります。

とても可愛らしい印象になるため、ちょっと甘えたいなと思った時は呼んでみてくださいね。


こんな呼び方はNG。多くの女性が嫌がる呼び方とは?

親近感のある名前を使って呼んでいたとしても、友達から恋人同士に変わった時や普段と異なる状況では、控えた方が良い呼び方もあります。

友達同士の時から使っているから慣れているとしても、多くの女性が嫌がる呼び方もおあるので、チェクしてみましょう。


呼び方1. 上から目線に思われてしまう「お前」

彼女に対して、苗字や下の名前を呼ばずに「お前」と呼ぶ男性は少なくありません。

男性にとっては違和感がないかもしれませんが、呼ばれる彼女からすると上から目線でぶっきらぼうな印象が強い呼び方です。

誰にでも使える呼び方でもありますから、彼女からすると「本当に私のこと好きなのかな」と不安になることも。

その不安が心の距離を生んで関係自体がぎこちなくなり、別れにつながる可能性があります。


呼び方2. 芸人のコンビのように感じてしまう「相方」

好きなお笑い芸人が組んでいる相手に対してよく使う「相方」という呼び方を、彼女にもする男性がいます。

男性にとっては、好きなお笑い芸人を真似ているので楽しいかもしれませんが、何となく引っかかるという彼女は多いでしょう。

お笑い芸人が使う「相方」という言葉にはビジネスパートナーや相棒といった意味が強く、恋人に対して使う呼び方ではないからです。

彼女もお笑い好きだったり、彼氏がお笑い好きであることを理解してくれているとしても、「相方」と呼ぶのは避けたほうが良いでしょう。


呼び方3. 人前で「恥ずかしいあだ名」で呼ぶ

外見や癖など、誰にでも人前で言われたくないコンプレックスがあります。

親しみを込めたつもりでも、そういったコンプレックスをあだ名にして呼ぶのはNGです。

あだ名で呼ぶたびに彼女のコンプレックスに触れることになるため、結果的に彼女を傷つけてしまう可能性が高いのです。

もし自分が呼ばれる立場になったらどう感じるかを想像できない人だと思われて、彼女から別れを切り出されるかもしれません。


彼女の呼び方を変えるタイミングはいつがベスト?

恋人同士で呼び合う名前の「呼び方」は、親しみ慣れたもの呼び方や彼女が嬉しいと思う呼び方にしたいもの。

では、一体いつから呼び方を変えてみるのが良いのでしょう

そこでここからは、彼女の喜ぶ呼び方に変えるタイミングを紹介します。


タイミング1. 初デート

恋人として付き合うことになると、それまでの呼び方からさらに親しみを込めた呼び方に変えたいと思うもの。

そんな考えが強くなってきたら、呼び方を自然に変えやすいのは初デートの時です。

彼女も付き合い始めてから初めてのデートという認識があるので、呼び方を変えられても違和感はないでしょう。

待ち合わせ場所で「〇〇って呼んでいい?」と聞いてもいいですし、あえて何も聞かずに下の名前を呼び捨てにし、彼女を喜ばせるのもおすすめです。


タイミング2. スキンシップをした後

交際が始まってなかなか呼び方を変えるタイミングがなかったという時は、普段のデートや一緒にいる時にさりげなく切り替えてみましょう。

ボディタッチをした時や、二人でイチャイチャした時などは、呼び方を切り替えるいいタイミングです。

スキンシップを取ったことで今までとは明らかに距離が近くなり、親しみや愛情が深くなっているので、その流れで意識的に呼び方を変えても不自然ではありません。


タイミング3. LINEでデートに誘う時

出会ってからや交際し始めて、ある程度時間が経っているなら、あえて誕生日やクリスマスなどを使うより、メールやLINEでさらっと変えてみましょう。

始めのうちは、現在の呼び方とこれから呼びたい「呼び方」を織り交ぜながら新しい呼び方に慣れていくこともできます。

例えば、名前を呼び捨てにしたいけれど、今までは「さん」付けで呼んでいるということも多いでしょう。そんな時には、LINEでデートに誘うタイミングで「◯◯は〜に行きたい?」などという風に、さりげなく使ってみるのも良い方法です。


呼び方を変えると、彼女はどう思う?呼び名を変えられた彼女の本音とは

呼び方一つで二人の距離も近くなりそうなら、すぐにでも彼女が気に入っている呼び方に切り替えてみたい。

気になるのは、呼び方を変えるなら彼女がどう思うかということ。そこで、呼び方が変わった時の彼女の心理をまとめてみました。


本音1. 「彼女」になったという実感が湧いて嬉しい

彼氏が自分の呼び方を変えられると、彼女にとってはお互いの距離が近くなったことを実感します。

例えば下の名前に「ちゃん」付けで呼ばれていたのが呼び捨てに変わると、彼女にとっては恋人として彼氏に認められたという気分になれるのです。

特に二人の間だけで使う呼び方をしてくれるようになることで、彼氏にとって自分が特別な存在になったという感覚が強くなり、嬉しさを感じるでしょう。


本音2. 今までずっと慣れた呼び名があれば、少し戸惑う。

恋人同士でも、慣れるまでは少し緊張感の伴う二人の呼び方。若いカップルなら自然にできても、年齢とともに難しくなることもあります。

それは、慣れた呼び名からの戸惑いだけで、決して拒否しているわけではありません。

しかし、ずっと呼んでいた呼び名を急に変えるのは、変化に戸惑うという女性もいるので、呼び方を変えたい時は、「〇〇って呼んでも良い?」など聞いてみるのが良いでしょう。


【呼び方マナー】彼女の両親の前では基本「〇〇(下の名前) + さん付け」で!

彼女の呼び方は、二人で決めた場合でも、適切な呼び方も存在します。

彼女の家族や両親のいるシーン、初対面の人がいる前で彼女を紹介する時などは、TPOをわきまえた呼び方が最善です。

そこで、フォーマルでも差し支えないという「名前+さん付け」がベターです。

どんなにラブラブで仲が良くても、呼び方一つで印象も決まりやすいため、彼女が恥ずかしい思いをしないことも考慮に入れるのは大切です。


彼女が嬉しい呼び方を知って、今よりもっとラブラブカップルにしていきましょう!

恋人同士の暖かくさわやかな関係は、二人でお互いをどのように呼び合うかということが関係しています。

名前の呼び方は、二人の親密な関係にも大きく左右することがあるのです。お互いの距離感や、二人の関係を長続きさせるためにも、彼女がこう呼んで欲しいと思う、どう呼んだら喜ぶかというのは大切なポイント。

ぜひ参考に名前の呼び方を考えてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事