"取り急ぎご連絡まで"の意味/使い方。言い換え類語も|ビジネス敬語ガイド

とりあえずお知らせしますの意味を持つ敬語、取り急ぎご連絡まで。実は、あまり使えない敬語として知られています。今回は、取り急ぎご連絡までの意味から正しい使い方、丁寧な例文、言い換えできる類語まで徹底解説。幅広いシーン

「取り急ぎご連絡まで」の意味とは?

「取り急ぎご連絡まで」とは、とりあえずお知らせしますを意味する敬語表現です。

「取り急ぎ」というのは「とりあえず」という意味で、「ご連絡」は丁寧語の「ご」がついているので目上の人に対して使う敬語になります。文章が途中で途切れたような言い回しなのは、緊急を要するという敬語表現だからです

シチュエーションとしては、重要なビジネスメールなどをとにかく上司に伝えるのが先決といった場合ですね。ですから「取り急ぎご連絡まで」には「しっかりと対応できず申し訳ありません」という意味が含まれています。

「取り急ぎご連絡まで」というビジネスメールを送ったら、そのあとで詳しい内容についてフォローするのが正しい使い方です。


「取り急ぎご連絡まで」の正しい使い方とは?

「取り急ぎご連絡まで」という言葉には「ご連絡まで」という敬語が使われているので、目上の人や上司に対して使える敬語表現です

ビジネスメールでよく使用され、使い方は緊急を要する場合。詳しい内容はまだハッキリしないが、事態が起こってしまったことをすぐに伝える必要があるシチュエーションなどの例文が使い方の参考になりますね。

詳しい内容はあとから説明するという意味合いが含まれているので、「取り急ぎご連絡まで」というビジネスメールや通知を受け取った相手はその意味を理解して対応すべきでしょう。すぐに返信を出すのがマナーです


「取り急ぎご連絡まで」の丁寧な例文

ご鞭撻いただきの使い方

  • 進行中のプロジェクトにおいて問題が発生したようですが、取り急ぎご連絡まで。
  • 本社の重役がいらっしゃるようですので、取り急ぎご連絡まで。
  • 取引先との商談が決裂したと報告が入りましたので、取り急ぎご連絡まで。
  • 予定価格を超えたと一報が届きましたので、取り急ぎご連絡まで。
  • フライトの予約を押さえましたので、取り急ぎご連絡まで。
  • 今夜の座談会が急に延期になりましたため、取り急ぎご連絡まで。

例文からもわかるように、一刻も早く相手に伝えねばならないというシチュエーションでの使い方になります

例えば、重役が急遽やってくるという例文では、「なぜやってくるのか」という内容よりも、「重役がやってくる」という事実をまず優先する使い方になってます。重役を迎える態勢を整える必要があるからです。

フライトの予約が取れたという結果を報告する例文でも「取り急ぎご連絡まで」を使ってますが、相手がフライトの予約が取れた時点で準備することがあるからです。相手が結果を待ちわびているシチュエーションでも「取り急ぎご連絡まで」を使った例文があります。


「取り急ぎご連絡まで」の使用する際の注意点

取り急ぎご連絡までの注意点① 本当に緊急の時以外は使用しない

取り急ぎご連絡までの時間

緊急の時に使用するのが「取り急ぎご連絡まで」という言葉です。また、相手が至急の報告を待っているときの使い方もあります

「取り急ぎご連絡まで」を頻繁に使うと、言葉の意味が失われてしまうことに。たいした急ぎの用件でもないのに「取り急ぎご連絡まで」をメールなどで使うと、受け取る相手が慣れてしまって読まなくなる傾向があります。緊急時の使い方に限定すべきでしょう

本当に緊急以外のときは「取り急ぎご連絡まで」を使わないのがルール。それを守らないと、緊急の場合の効果が薄れて読まれなくなる恐れがありますよ。


取り急ぎご連絡までの注意点② 目上の方や取引先には使わない

取り急ぎご連絡までの注意点

「取り急ぎご連絡まで」は緊急時とはいえ、文章が途中で切れていて唐突感があります。上司や取引先などに失礼な印象を持たれる場合も考える必要があるでしょう

直近の上司や先輩なら「急いでいるのでとりあえずの報告です」という意味合いが伝わりますが、自分と距離のある上司や取引先などに対しては使用しない方が無難ですね。

「取り急ぎご連絡まで」を使うルールとして、身近な上司と先輩以外は使わないとビジネスシーンで周知しておくことも必要でしょう。


取り急ぎご連絡までの注意点③ あとで詳細の連絡をする

取り急ぎご連絡までの注意点 あとで連絡する

「取り急ぎご連絡まで」を使いながら内容について延々とメールで述べている場合がありますが、これは過ちです。あくまでも緊急事態を伝えるだけで、余計な文言を付け加えないのが正しい使い方。

その代わり「取り急ぎご連絡まで」というメールを送ったら、あとから内容についてフォローする必要があります。時間経過と共に詳細が判明するでしょうから、それについて報告すべきです

「取り急ぎご連絡まで」と発信しながら、あとで何の説明もないのは相手に対して失礼になります。


取り急ぎご連絡までの注意点④ 返信を求める場合はその旨を伝える。

取り急ぎご連絡までの注意点 返信を求める時は必ず伝える。

「取り急ぎご連絡まで」と発信する場合、緊急性を相手に伝えるのが目的となります。その際に、相手がどう受け取ったのか返信が気になる場合がビジネスシーンではありますね

そのようなときは「取り急ぎご連絡まで」の文末に、一言だけ返信をいただきたいと敬語表現で書き添えることができます。例えば「取り急ぎご連絡まで。今後の対応につきお知らせ願います」のような例文ですね。

緊急メールを受け取った相手の対応によってこちら側の対応も変える必要がある場合などは、文末に一言返信をほしいと敬語で付け加えましょう。


「取り急ぎご連絡まで」と言い換えできる類語

取り急ぎご連絡までの類語① まずはご連絡のみにて失礼いたします

「取り急ぎご連絡まで」は距離のある上司や目上に使うのは失礼になる場合もあるので、そのようなときは「まずはご連絡のみにて失礼いたします」という丁寧な例文に言い換えます

「まずは」を冒頭につけることによって唐突感をなくすことができ、「失礼いたします」を語尾につけることできちんと最後まで言い切るというフォーマルな形をとることが可能です。

「取り急ぎご連絡まで」は「まで」という形でぶつ切りになっている点が失礼にあたるので、「失礼いたします」に言い換えることで距離のある目上や取引先に使えるようになります。

「まずはご連絡のみにて失礼いたします」の使い方

  • 別件については添付いたしました。まずはご連絡のみにて失礼いたします。
  • 次の会議は来月の第1月曜日と決まりましたので、まずはご連絡のみにて失礼いたします。
  • 無事にプロジェクトを終えましたこと、まずはご連絡のみにて失礼いたします。

取り急ぎご連絡までの類語② 取り急ぎご報告まで

「取り急ぎご報告まで」は「取り急ぎご連絡まで」と同じ意味合いの類語です。使われるシチュエーションも同じで、緊急のときにビジネスメールなどで発信します。言い換え可能なフレーズです。

両者の違いは「ご報告」と「ご連絡」にあります。どちらも「ご」という敬語表現を使っているので目上や上司に仕えますが、「報告」には「連絡」よりも内容を伝えるというニュアンスが強まりますね

「取り急ぎご報告まで」を使う場合は、報告する内容を多少入れることが可能です。ただし完結に要点だけを書くのがポイントになります。

「取り急ぎご報告まで」の使い方

  • 弊社の新部門が来月より開設されることに決定しました。取り急ぎご報告まで。
  • ご指摘の箇所を精査しましたところ、こちらの不備が判明しました。取り急ぎご報告まで。
  • クレームにつきましてはこちらで対処いたしましたこと、取り急ぎご報告まで。

取り急ぎご連絡までの類語③ 取り急ぎご案内まで

「取り急ぎご案内まで」は「取り急ぎご連絡まで」の類語になり、近しい間柄の上司や先輩に使える敬語表現です

大きな違いは「ご連絡」が「ご案内に」なっている点でしょう。「ご連絡」が連絡事項一般であるのに対し、「ご案内」は連絡事項が案内に関するものに限定されます。

例文を上げれば「来月よりオープンしますので、取り急ぎご案内まで」のような文例の使い方ですね。案内の目的で出す緊急のメールは例文を参考にして「取り急ぎご案内まで」を使ってください。

「取り急ぎご案内まで」の使い方

  • 本日の会議は取りやめになりましたこと、取り急ぎご案内まで。
  • 明日の展示会は別館1階に変更になりました。取り急ぎご案内まで。
  • このたび新製品を開発して販売することになりましたこと、取り急ぎご案内まで。

取り急ぎご連絡までの類語④ まずはご連絡申し上げます

「まずはご連絡申し上げます」は類語の「取り急ぎご連絡まで」より丁寧な言い方になります。近しい上司や目上だけでなく、距離のある上司や取引先に使う言い回しです。

「弊社の本館は工事中ですので、まずはご連絡申し上げます」の文例でわかるように、取引先にこちらの都合を伝える場合などに使います。

シチュエーション的には本社での打ち合わせが決まっている文例の場合、工事中ですがよろしいですかという報告になりますね。緊急性は「取り急ぎご連絡まで」と同じですが、丁寧さと敬語表現が違うのです。

「まずはご連絡申し上げます」の使い方

  • このたび企画部の態勢が変更になりましたので、まずはご連絡申し上げます。
  • 弊社でとり行われる予定だった来月のイベントは延期になりました。まずはご連絡申し上げます。
  • 先月ご注文いただいたお品が入荷いたしましたので、まずはご連絡申し上げます。

「取り急ぎご連絡まで」の英語表現

  • This is just quick note(取り急ぎの連絡です)
  • I just wanted to update you on the problem(問題点について取り急ぎ報告します)
  • Just a quick note to say thank you(ありがとうございます。取り急ぎご連絡まで)
  • Just a heads up to you (取り急ぎご連絡します)
  • This is just a friendly reminder(念のためお知らせいたします)
  • Just a friendly reminder that today is our party(今日はパーティーですので取り急ぎご連絡まで)

英語では「取り急ぎ」の表現がポイントです。最も一般的な文例がjust a quickを使った英語表現でしょう。これは日常会話で使います。

もう1つ英語でよく使われるのがI just wanted toという文例。これはビジネスシーンでも使えます。

より丁寧な英語表現ではjust a friendlyというフレーズですね。距離のある上司などに英語でメールを送る時に利用します。


「取り急ぎご連絡まで」の使い方をマスターしよう!

「取り急ぎご連絡まで」はビジネスシーンでは頻繁に利用されます。意味合いや使うシチュエーションについて説明してきましたが、ポイントは近しい上司と距離のある上司には言い換えが必要だということ。

またそれほど緊急性のないメールには使わないことも大事です。使った場合は、必ずあとから内容をフォローすることも忘れずに。文例などを参考にして、ビジネスシーンで上手に使ってください。

【参考記事】「伺う」の意味とは?正しい使い方を徹底解説

【参考記事】「真摯」の意味から正しい使い方を解説します

【参考記事】「幸甚」の正しい使い方から例文まで詳しく解説

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事