「重い彼氏」の性格&行動における特徴とは。彼氏が重い時の対処法も大公開!

彼女のことが好きすぎて、やきもちを焼いたり、束縛をする重い彼氏。今回はそんな重い彼氏に悩んでいる女性に向けて、彼氏が重いと思う瞬間や、重い彼氏の性格や行動の特徴を大公開!さらに、愛が重すぎてめんどくさい彼氏への対処法もご紹介します。好きな彼氏と長く付き合うために、参考にしてみて。

「彼氏が重い…」と思うことってありますよね。

重い彼氏の特徴

「束縛がひどくて、女友達とも自由に会えない」

「不安になるとすぐに『オレのこと、嫌いなの?』ときいてきてめんどくさい…」

と、彼氏の存在が重いと感じることってありますよね。男と女の体格差もあり、伝えたあとの反応が怖いから、重い彼氏の発言も我慢してばかりという女性もいるのではないでしょうか。

では、重い彼氏には、性格や行動にどのような特徴があるのでしょうか。また、どのような対処法をとれば上手に付き合っていけるのでしょう。

自分と彼氏のために、今後の関係性について少し考えてみませんか?


重い彼氏の「重い」という意味は?

重い男

彼氏が彼女に向ける「好き」の気持ちが大きすぎるために「束縛」や「嫉妬」、「依存心」があらわになっている状態を、「重い」といいます。

彼氏本人の中で自己完結されていればまだしも、重い彼氏は、こうした感情を行動につなげてしまうのです。

彼女が平気であればいいのですが、彼氏に対して「辛い」「疲れる」「別れたい」と思っているのであれば、改善が必要なのは彼氏の方。女性が重い彼氏に依存する必要はありませんよ。


彼氏が重くなってしまう原因は何?

彼氏が重くなる原因

彼女のことが大好きで、ついつい依存してしまう彼氏。彼氏が重くなってしまう原因は何があるのでしょうか。彼女に対して依存する彼氏の男性心理をご紹介します。


1. 女性の愛情よりも男性の愛情が大きくなっている

恋愛感情は人それぞれ。「好き」の量が男女で全く同じになることはありません。性格にもよりますが、好きの気持ちの差が大きくなればなるほど、愛情が少ない方は相手からの重さを感じるようになります。

ドライな恋愛感情を抱くタイプの女性は、特に男性の熱烈な愛情表現を「重い」と感じやすいのではないでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


2. 男性が自分に自信がない

自己肯定感が低い男性の場合、その自信のなさが原因となって重い行動を取りがちです。彼女が自分を好きでいてくれることにも自信が持てないため、不安感が束縛や嫉妬につながってしまうのですね。

卑屈な性格になってしまい、「どうせオレなんか…」と頻繁に口にすることも。少しメンヘラ気質のある男性とも言えますね。

彼氏の行動や発言よりも、彼氏のフォローに「疲れた」「めんどくさい」と感じる女性もいるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


3. 結婚や同棲といった価値観が先行している

付き合ったことに舞い上がりすぎて、「同棲する?」「結婚してずっと一緒にいたいな」と先走った言動をしてしまうのも、「重い」と思われる特徴です。彼女のことが好きすぎて周りが見えなくなっている状態ですね。

女性自身にまだそれほど結婚の意識がない場合、「え、ちょっと待って」と思ってしまうもの。とはいえ、ストレートに「そんなつもりはないから」とも言えず、対処法に迷っている方もいるのではないでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


彼女が「彼氏が重い…」と感じる特徴を大公開!

彼氏が重い原因

お互いが好きでお付き合いを始めたものの、彼女が彼氏に対して「重い」と感じてしまうのには必ず理由があります。女性がどんなところを「重い」と感じるのか、性格と行動に分けて特徴を見ていきましょう。


重い彼氏にありがちな「性格」の特徴

重い彼氏の性格

まずは、重い彼氏によくある性格の特徴から。自分の彼氏が当てはまっていないか確認してみてくださいね。


1. 他の人との行動が気になる「嫉妬深い彼氏」

嫉妬深い性格をしている彼氏は、彼女にとって重いと感じるもの。

友人や職場の同僚や上司、ひいては友達にまで対象が広がり、「それは誰?」「昨日は誰と会っていたの?」と嫉妬心があらわに。

エスカレートすると、「男友達とは連絡もとるな」と言い出す彼氏も。彼女が「出かけるたびに説明をするのに疲れた」と感じてしまっても仕方がありませんよね。


【参考記事】はこちら▽


2. 常に彼女を管理・監視したがる「束縛彼氏」

ルールや約束を設け、彼女の行動をすべて把握しておきたい束縛癖も「重い」と女性が感じる彼氏の性格です。異常さを感じるほどのLINEのメッセージや、人間関係を把握させるよう求めるのが特徴。

束縛されるのが辛いだけではなく、行動によっては怖い気持ちを抱くものです。

下手な対処法をとれば逆恨みや暴力に発展する恐れもあるため、疲れたと思いながら耐えている女性も少なくないでしょう。


【参考記事】はこちら▽


3. 一人では生きていけない「依存彼氏」

彼女の存在にべったりの、「依存彼氏」も、女性にとって重いもの。自分自身に自信がないことから、彼女に好かれていることに自分の存在価値を見出している男性もいます。

「君がいないとダメなんだ」というライトな発言から、「別れたら死んでしまう」と脅しに近いものまで、度合いはさまざま。

「死ぬ」と言われるのは誰だって怖いですよね。その結果、自分の意見を我慢して行動を束縛されてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


重い彼氏のレッテルが貼られる「行動」の特徴

依存彼氏

続いては思い彼氏の行動における特徴。彼氏に対して「重い」と感じる瞬間は、正直行動がほとんど。どんなときに重いと感じるのか、その行動を見ていきましょう。


1. 異常なまでの高価なプレゼント

愛情をお金や品物で判断するのは、重い彼氏の特徴のひとつです。愛情を伝えたいがために、「こんなのもらえないよ」と女性が引いてしまうほどの高価なプレゼントを贈ってしまうわけですね。

彼氏の財布事情も心配になりますし、「え、この人大丈夫なの…?」という怖さと不安にもつながります。常識の範囲外の金額のプレゼントは、女性に喜びよりも戸惑いを与えるものなのです。


2. 連絡頻度が高く、毎日連絡しないと怒る

彼女が今どうしているのかを把握しておきたいのが、重い彼氏の性格の特徴です。そのため、LINEのやり取りは頻繁。中には、彼女から連絡をよこすように指示する男性もいます。

LINEの既読が遅いだけで怒る男性には、さすがの女性も疲れるものです。「めんどくさい」「もう辛い。別れたい」という想いがよぎってしまっても仕方がないでしょう。


【参考記事】はこちら▽


毎日決まった時間に電話をする

LINEやメールのやり取りだけでは満足できず、毎日決められた時間に電話を求める男性も。

「この日は会社の飲み会だから」と断っても、その理由を受け入れない彼氏もいます。「仕事よりオレの方が大事だろ」と言い切ることもあるでしょう。

「好きだから電話をしたい」から離れた義務感だけの電話は、ただ辛いだけですよね。行動を束縛されていることに耐えられないと感じる女性もいるでしょう。


3. 飲み会や遊びに行く時のメンバーを全員報告しないといけない

飲み会や遊びに行く際、来るメンバーを全員教えろと言う彼氏。理由は、その場に男性がいるのかどうかを把握しておきたいからなのですが、彼女からすると「重いしめんどくさい」ですよね。

信用してくれない彼氏の場合、約束を交わしたLINEやメールの文面を見せろと言う場合も。ひどくなると、「そんな集まりに行く必要なんてない」と行動を束縛させようとすることもあります。


【参考記事】はこちら▽


4. 付き合いたてに関わらず、将来の話をする

重い彼氏はすぐに将来の話をする

「料理が上手だから、いい奥さんになるよ」

「結婚したら、しばらくはふたりで遊んで、それから子供がほしいよな」

など、付き合いたてから結婚を匂わす話題を持ちかけるのも、重い彼氏の特徴です。

「いやいや、まだどういう人かわかってないから!」と思う女性は多いのではないでしょうか。

いずれは結婚したいと思っていても、付き合い始めの段階から強気でこられると不安さも感じるものです。


女性が話していないのに、どんどん結婚や子供の話をする

デートのときに小さな子供に微笑みかけたら、「子供好きなの?子供何人ほしい?」と言ったり、「オレ、結婚したら家事もちゃんと分担しようと思っているんだよね」と聞いてもいないことを突然話し始めたり。

女性が話題に乗っていないにもかかわらず、むやみやたらと結婚話をしてくる男性に疲れる女性は多いものです。

「引いている空気に一切気づかないなんて、結婚したら苦労しそうなんだけど…」とマイナスイメージを抱く女性もいるのではないでしょうか。


5. 今月の予定や行動を全て把握したがる

仕事・プライベートと問わず、彼女の予定を全部把握しておきたがるのも、重い彼氏の特徴です。デートの予定を立てるためではなく、ただ彼女のスケジュールを把握して安心したいだけ。

「今日は飲み会って言ってたけど、もう帰ってきた?」と、女性が見て「怖い」と感じる連絡をしてくる男性もいます。こうした束縛行動に疲れた結果、「別れたい」という思いに至ることも。


【参考記事】はこちら▽


謎のアプリを入れさせられることも

彼女の予定を完璧に把握するため、情報を共有するための謎のアプリを入れさせられることも。勝手にアンインストールしたら怒られるため、仕方なくそのままにしている女性も少なくありません。

せめてアプリの内容についてきちんと知っておかなければ、恐怖心は高まる一方。「束縛が辛い」と思うことも増えるでしょう。


6. LINEがとてつもなく長文

スクロールしてもメッセージが終わらない長文LINEを送ってくるのも、重い彼氏の特徴です。

長文LINEを送ってくるときの内容は、ネガティブなものが多いのが特徴。「なんで連絡をくれないんだ」「オレのことが嫌いになったのか」など、延々と続く呪詛のようなメッセージには、「別れたい」と思ってしまものでしょう。

粘着質な性格をしている男性にありがちな行動です。


【参考記事】はこちら▽


7. 過度な愛情表現

「好き」や「愛してる」といった言葉や、ハグやキスといった行動での愛情表現は、好きな彼氏からであれば本来不快に思わないものです。

しかし、場とタイミングを見極めなかったり、明らかに度が過ぎている愛情表現は、いくら彼女であっても迷惑。外でイチャつくのに抵抗がある女性の場合、かなりの苦痛になることでしょう。

嫌な素振りをしても気がつかない、自己中心な性格も特徴のひとつです。


返さないと「俺のこと好きじゃないの?」と怒る

彼氏からの愛情表現を避けようとしたり、好意的に返さなかったりすると、「俺のこと、好きじゃないの?」と怒ったり拗ねたりする男性は、女性にとって「めんどくさい」彼氏です。

拗ねたあとのフォローもめんどくさいものですし、毎回同じやり取りが続くと疲れるもの。

結局空気を読んで返す女性も多いのですが、どちらにしても「もう疲れた」「別れたい」という気持ちになってしまいますよね。


重い彼氏と上手く付き合う対処法をレクチャー

重い彼氏と上手く付き合う

まだ彼氏のことが好きで、重い愛情表現を少しでも直してもらいたいと思っている女性へ。最後に、重い彼氏と上手に付き合っていくための対処法をレクチャーします。ぜひ今すぐ試してみてくださいね。


1. これはやって欲しくないと正直に伝える

男性によっては、彼女に対してよかれと思ってとっている態度である可能性があります。

そのため、「長文LINEはやめて」「スケジュールをすべて教えなければいけないのは嫌だ」と、はっきり嫌な気持ちを伝えるのも対処法のひとつです。

「嫌だったんだ」と知ることで、彼氏の行動が変わる可能性がありますよ。伝える際は「好いてくれるのは嬉しいんだけど」と前置きすることがおすすめ。


自分のやりたいことを伝える

「こういうことはしてほしくない」を伝えることに加え、「私はこういうことをしたい」と「やりたいこと」を伝えることも対処法のひとつ。

本来は自分の自由に行動を決めていいものですが、重い彼氏がいる人の場合、勝手な思いこみから「どこへ行くの」「何をしに行くの」としつこく行動を制限されてしまいがち。

そこで、あえて自分から「ここに行ってきます」と聞かれる前に宣言してしまうのです。


2. 自分の行動を事前に伝えておく

行動やスケジュールに関しても、きかれる前に事前に開示してしまいましょう。自発的に教えてくれる彼女を見ているうちに、彼氏の中の疑いの心や不安感が薄れる可能性もありますよ。

先に伝えてしまうことで、きかれる煩わしさやストレスを感じる必要もなくなります。「この日の夜は連絡が取りづらいけど、ごめんね」と伝えておけば、連続LINEも防げるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


3. プレゼントをもらう時は、事前に指定しておく

プレゼントを指定する

高価なプレゼントは、彼氏が彼女を喜ばせたくて買っているもの。その金額が高すぎて心配になるのであれば、あらかじめ「リクエストしていい?ほしいものがあるんだ」とお願いしておきましょう。

彼女としても、本当にほしいものがもらえますし、彼氏の出費を気にする必要もなくなるため、一石二鳥です。クリスマスや記念日、誕生日といったイベント前に手を打っておきましょう。


4. 反対に彼氏を束縛する

束縛したい彼氏の場合、束縛されることに抵抗感がないことも。むしろ、彼女の愛を感じて嬉しいという場合もあるのです。

彼氏からの束縛に悩んでいる女性は、いっそのこと彼氏を束縛する行動をとってみましょう。

愛されて安心する可能性もありますし、もし彼氏に束縛行動を嫌がられたら、「でしょ?私も嫌なんだよ」と伝えるきっかけにもなりますね。


【参考記事】はこちら▽


5. 「好き」という愛情表現をする

嫉妬や束縛といった行動は、彼女からの気持ちに不安を感じているから生じるものです。そのため、意識をして「好きだよ」と伝えてあげることで、重い行動が軽くなる可能性があります。

言葉がすべてではありませんが、言葉にしないと伝わらない気持ちもあるもの。「彼氏は伝わりにくい人なんだ」と思って、ちょっぴり頑張って伝えてみませんか?


重い彼氏が本当に辛かったら別れる

「彼氏の行動が重すぎて、辛くてたまらない…。」

という、もうどうしようもない状態にまで追いつめられているのであれば、別れも選択肢のひとつです。

ただし、くれぐれも別れ話は慎重に。家など、ふたりきりの場は避け、人目につく場所で持ちかけるなど、自分の身を守れる場所とタイミングを選びましょう。

彼氏を責め立てるのではなく、淡々と伝えることも大切です。


重い彼氏は、扱い方に気をつけて。

重い彼氏の扱い方

すべての重い行動の理由は「彼女が好きだから」。悪気があるわけではない分、重い彼氏の行動はタチが悪いともいえますね。

男女の力の差があるため、気持ちや要望を伝えるときは、彼氏の神経を逆なでしないように注意しましょう。必要に応じて、周囲の助けを借りることも検討してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事