初心者におすすめの真空管アンプ13選。音質◎の一台とは

高音質を求めている方に。今回はおすすめの真空管アンプの選び方から市販の人気商品までご紹介します。初心者が使用する安いものから、上級者が使用する高級な一台まで揃えました。ギターの練習でオーディオを楽しみたいという方にもおすすめのアンプを揃えました!

真空管アンプのおすすめを大公開!

真空管アンプのおすすめを大公開

アンプを使用しているけど、音によりこだわりたいときに大活躍してくれるのが「真空管アンプ」。真空管アンプだからこそ出せる音もあり、意外と使用されていることがあります。

そこで今回は真空管アンプにまつわる知識や使い方、おすすめしたい真空管アンプをご紹介します。ぜひ選び方や商品の特徴をしっかりとおさえて、後悔のない一台を選んでみませんか。オーディオにこだわりたい人は要チェックですよ。


そもそも、真空管アンプとは

そもそも真空管アンプとは

「真空管アンプ」という言葉を聞いても、それが何を指しているのかわからない人もいるでしょう。真空管アンプは、「オーディオコンポのアンプの増幅に対して真空管を使用したオーディオ用のアンプ」のことで、スピーカーを駆動させるための装置を指します。 ちなみにアンプには、CDプレーヤーなどからの電気信号を増幅してスピーカーで鳴らせるようにするという目的があります。現在ではアンプにトランジスタを使用しているものが多いですが、真空管アンプを使用している人もいます。


よく聞く、トランジスタアンプとの違いは?

トランジスタとの違いがわからない人も多いでしょう。まず異なる点として挙げられるのが「増幅素子の振動」。トランジスタ素子に個体の金属が使用されているため、簡単に共振は起こりません。

一方真空管アンプは、ガラスに金属線と金属板が入っており共振が簡単に起こりやすくなっています。それだけでなく、歪みに関しても違いが存在しています。楽器は基音と倍音の関係で成り立っていますが、トランジスタは「奇数倍」、真空管アンプは「偶数倍」で歪みやすい傾向に。


真空管アンプのメリット&デメリットとは

真空管アンプの大きなメリットとして挙げられるのが「音質」。トランジスタではなかなか出しづらい、温かいかつ柔らかい音を出すことが可能。音に癒されたい人にまさにうってつけです。

一方デメリットとして挙げられるのが、物理特性。トランジスタと比較しても劣る部分が多く、ノイズや周波数範囲などオーディオに重要視される要素においてどうしてもトランジスタに軍配が上がってしまいます。


真空管アンプを使用数上での注意点

真空管アンプはいまだ多くの人に根強い人気を誇っています。ですがダメージを与えないようデリケートに扱う必要があるので、使い方にも注意が必要です。

例えば「音を出していないときはスタンバイ状態にしておく」、「電源を切るときはスタンバイ状態にしてから主電源を切る」、「音が出るような状態で、ギター側の方からシールドを抜かない」といった使い方における注意点は守りましょう。

このような使い方を守るだけでも、真空管アンプの劣化もしくは故障を防ぐことが可能です。


真空管アンプ選びで大切なこと

真空管アンプ選びで大切なこと

ここまで真空管アンプの基礎知識についてご紹介してきましたが、ここからは真空管アンプ選びで大切なことを4点お伝えします。

  1. プリメインアンプタイプかセパレートアンプタイプ
  2. 出力の大きさ
  3. 管の種類
  4. アンプ数

以上の4つのポイントについて、細かく紹介していくのでぜひ、真空管アンプ選びに参考にしてくださいね。


真空管アンプの選び方1.「 プリメインアンプタイプ」か「セパレートアンプタイプ」

まず確認しておきたいのが、一般的な「プリメインアンプタイプ」もしくは細かな設定を必要とする「セパレートアンプタイプ」のどちらかということ。真空管アンプは製品の種類もさまざまで、ラインナップも豊富です。

普段真空管アンプの扱いに慣れていない初心者であれば、操作が簡単なプリメインアンプタイプの商品がおすすめ。一方真空管アンプに精通しているオーディオ上級者であれば、セパレートアンプタイプでもいいでしょう。

【参考記事】プリメインアンプにこだわりたい方はこちら▽


真空管アンプの選び方2. 出力の大きさ

出力の大きさにも配慮しておきたいところ。真空管アンプの場合、シンプルな回路においては小出力です。しかし複雑かつ大規模の状態になると、出力は大きくなりますが真空管アンプならではの音は後退してしまうことも。

「どの真空管アンプを選べばいいのかわからない」といった場合は、価格面や大きさなどを考慮して「シングルタイプ」の真空管アンプをおすすめします。


真空管アンプの選び方3. 管の種類

管の種類もしっかり考慮しておきたいところ。現在の主流になっている「MT管」や発熱の多い整流管もしくは大出力管に使われる「GT管」、さらにはMT管よりさらに古く大きい真空管の「ST管」など真空管の種類も非常にさまざま。

それぞれで役割が異なるので、購入してから後悔しないためにもしっかりと確認しておくことをおすすめします。


真空管アンプの選び方4. アンプ数

アンプ数も真空管選びには非常に重要な要素。アンプ数には出力管を左右1本ずつ使用する「シングルアンプ」、さらには左右2本ずつ使用する「プッシュプルアンプ」の2種類が存在しています。

シングルアンプは直線性の音がよくなる場所に音の信号を入れるので、高い音質が期待できますよ。一方プッシュプルアンプは、信号の合成などにより出力効率が高いというメリットがあります。


真空管アンプのおすすめ13選

ここからは、おすすめしたい真空管アンプを計13台ご紹介します。それぞれの商品において「タイプ」「管の種類」「アンプ数」「メーカー」といった商品ステータスもあわせて記載しています。

購入後に「やっぱり別の商品にすればよかった」と後悔しないためにも、ぜひそれぞれの真空管アンプの特徴を確認して最適な一台を見つけてみてくださいね。


1. プリメインアンプ Ruby

TRIODE プリメインアンプ Ruby

まずご紹介したいのが、鮮やかな赤が特徴の真空管アンプ『Ruby』。非常におしゃれでスタイリッシュな外観になっており、インテリアとしても大活躍してくれる一台です。ちなみに、4本の真空管がほんのりと明るくなるのも大きな魅力です。もちろん機能面も充実しており、「純A級回路」を採用しているので小さい音量でもしっかりとした音を楽しむことが可能に。

さらにヘッドホン端子の装備もついており、利便性が高いのも『Ruby』ならでは。ぜひおしゃれな真空管アンプで音をより楽しんでみませんか。女性の使用も意識して作られているので、女性へのプレゼントにもおすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:MT管
  • 出力:3W+3W(8Ω)
  • アンプ数:シングル
  • 本体サイズ:190X180X135mm
  • 本体重量:4.7kg
  • メーカー:TRIODE

2. TRV-88SER

TRIODE プリメインアンプ TRV-88SER

こちらは「TRIODE」が販売している真空管アンプ『TRV-88SER』。TRIODEの人気モデルでもあり、こちらも赤と基調とした外観が非常におしゃれです。ABプッシュプル回路による「45W+45W」の大出力が大きな魅力で、音を楽しみたい人にまさにうってつけの一台。さらに「カップリングコンデンサー」「高精度抵抗器」といった現代的な設計になっているのもポイント。

「S/N比90dBの低ノイズ」「10〜100kHzの広域帯」など、まるでトランジスタアンプに引けを取らないような性能を誇っています。高性能な真空管アンプを探している人は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:不明(「12AX7」×1、「12AU7」×2、そしてパワーアンプ部に人気の「KT88」×4使用)
  • 出力:35W+35W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:345X320X185mm
  • 本体重量:17kg
  • メーカー:TRIODE

3. SUPER-ERNESTOLO-EX

なるべくコンパクトかつスタイリッシュな真空管アンプがほしい人におすすめしたいのが、「Carot One」が提供している『SUPER-ERNESTOLO-EX』。ほかの真空管アンプと比較してもサイズが非常にコンパクトなので、どこに置いても場所をとる心配も必要なし。

真空管はプリアンプの部分のみ使い、さらにパワーアンプ部分にはコンパクトかつ高効率の「ハイブリッド方式」を使用。音にも非常に安定感が感じられ、真空管ならではの柔らかさが堪能できますよ。できるだけコンパクトな一台がほしい人は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:MT管
  • 出力:25W+25W
  • アンプ数:シングル
  • 本体サイズ:67X60X115mm
  • 本体重量:不明
  • メーカー:Carot One

4. T-5

CAV プリメインアンプ 真空管ステレオプリメインアンプ T-5

こちらは「CAV」が販売しているプリメインアンプタイプの真空管アンプ『T-5』。「初段」「位相反転」「ドライブ段」「出力段」の4つの増幅回路を採用しているのが大きな特徴です。初段においては雑音が低いかつ増幅率の高い「12AU7」を使用、さらに出力段では「5881」を採用することによって高い駆動力の担保が可能に。

接点の安定度抜群の金メッキを採用しているのも大きな魅力で、長時間にわたって安定した音が楽しめますよ。高級品になりますが、『T-5』を買えば後悔することはまずありません。性能にこだわりたい人にはうってつけですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:ST管
  • 出力:20W+20W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:305X185X335mm
  • 本体重量:18.2kg
  • メーカー:CAV

5. TRV-5SE

TRIODE TRV-5SE

パワフルな出力かつ高音質な音を楽しみたい人は、TRIODEが販売している真空管アンプ『TRV-5SE』はいかがでしょう。もともとは安いかつしっかりとした音質で人気のあった『TRV-4SE』を改良したモデルで、回路の見直しを行ったことによりさらなる高音質な音が楽しめます。

それだけでなく、整流回路に使用される整流管においても直熱管に変更。ハムノイズも夏雑音より小さいので、気にせず使用できますよ。真空管アンプに力強さが欲しい人はぜひ『TRV-5SE』を購入して、そのパワフルな音を楽しんでみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:ST管
  • 出力:35w+35w
  • アンプ数:シングル
  • 本体サイズ:12.1kg
  • 本体重量:345X185X315mm
  • メーカー:TRIODE

6. JADE Soleil

ORB プリメインアンプ JADE Soleil [Black]

キューブ状の個性的なデザインが特徴の、プリメインアンプタイプの真空管アンプ『JADE Soleil』。非常にかわいらしい見た目が特徴的で、男性だけでなく女性へのプレゼントにもおすすめしたい一台。

とはいえ機能面もしっかりとしており、プリアンプ部分にはMT管「6922」を使用。さらにパワーアンプ部分には小型で大出力のD級増幅を採用しており、コンパクトでありながら実力もちゃんと備えています。

プラスしてヘッドホンアンプ部分に関しても、16〜600Ωのヘッドホンに対応可能。値段も47,422円と安いので、コスパを求めている初心者はぜひ購入してみてはいかがでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:MT管
  • 出力:35W+35W
  • アンプ数:不明
  • 本体サイズ:139X171X171mm
  • 本体重量:1.5kg
  • メーカー:ORB

7. RA-VT11

radius 真空管式ステレオインテグレーテッドアンプ RA-...

なんとハイレゾに対応した、プリメインアンプタイプの真空管アンプ『RA-VT11』。ハイレゾ音源はCDよりさらに高繊細かつ広帯域が大きな魅力で、聞けばその音質に驚いてしまうかも。

一般的に、ハイレゾ音源を再生する際には40kHzを超える再生能力がアンプに求められますが、そのような難しい要件に関してもしっかりと対応可能です。

音も真空管ならではの温かみが感じられる一方、真空管においてはなかなか出しづらい「透明感」「歪み感」にもこだわっています。真空管の音に物足りなさを感じていた人は、ぜひ『RA-VT11』を購入して幸せなひとときを過ごしませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:不明(6L6G×4、2C51×4を使用)
  • 出力:15W+15W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:30X186X385mm
  • 本体重量:18kg
  • メーカー:radius

8. HA-1A MK2

Cayin HA-1A MK2 真空管ヘッドフォンアンプ

こちらも非常に外観がおしゃれな真空管アンプ『HA-1A MK2』。ヘッドホンの出力に非常にこだわっており、なんと10年もの歳月をかけて開発されたこだわりの一台です。

インピーダンスに関しては、なんと8Ωから最大600Ωまで対応可能。600Ωのときでも「2,100mW+2,100mW」といった非常に大きい出力を実現、どのようなヘッドホンでも力強い音が楽しめますよ。

見た目にもしっかりこだわっており、インテリアとしても活躍してくれること間違いなし。中国製の非常に高品質な真空管アンプを手にとってみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:不明(「EL84EH」×2、「12AU7」×2と「12DT5」×1を使用)
  • 出力:1300mW+1300mW(@32Ω)、2100mW+2100mW(@600Ω)
  • アンプ数:不明
  • 本体サイズ:126.5X304X215mm
  • 本体重量:9.5kg
  • メーカー:Cayin

9. Vacuum 6W DAC

バトラー DAC内蔵・真空管式プリメインアンプBUTLER V...

「BUTLER」が販売している、ハイレゾに対応したプリメインアンプタイプの真空管アンプ『Vacuum 6W DAC』。パソコンとUSB接続すれば、最大24bit/96kHzのハイレゾ音源が楽しめますよ。出力は「3.5W+3.5W」と小さめですが、周波数特性は20〜50000Hzとハイレゾ音源にしっかりと対応可能です。

見た目に関しても、黒を基調として非常におしゃれ。お値段もAmazon価格で58,000円と安いので、コスパを求めている初心者にもおすすめですよ。「どの真空管アンプにしようか悩んでいる」という人は、ぜひ『Vacuum 6W DAC』を購入して真空管アンプデビューしてみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:不明(EL84(6BQ5)」×2、「ECC83(12AX7)」×1を使用)
  • 出力:3.5W+3.5W
  • アンプ数:不明
  • 本体サイズ:200X168X260mm
  • 本体重量:7kg
  • メーカー:BUTLER

【参考記事】USB経由で接続できるUSB-DACのおすすめ機種を大公開


10. TU-8100

PCL86シングルステレオパワーアンプキット 真空管アンプ T...

「とにかく安い真空管アンプを購入したい」という初心者におすすめなのが、シングルタイプの『TU-8100』です。Amazon価格で18,353円と非常に安いのが魅力で、価格面を重視している人にはまさにうってつけの一台。さらにサイズも非常にコンパクトなので、家のどの場所に置いても場所をとる心配も必要ありません。

それだけでなく、「PCL86」「ECL86」の切り替えスイッチがついているのもポイント。真空管アンプ初心者はもちろんのこと、普段からよく使用している愛好家にも非常に人気の商品です。ちなみに組み立てキット版も販売されているので、自分で組み立ててみるのもおすすめですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:MT管
  • 出力:2W+2W
  • アンプ数:シングルアンプ
  • 本体サイズ:142X136X178mm
  • 本体重量:1.8kg
  • メーカー:ELEKIT

11. L-505uX ブラスター

LUXMAN プリメインアンプ L-505uX [ブラスターホ...

音によりこだわりたい人におすすめなのが、「Luxman」が販売している上級者向けの真空管アンプ『L-505uX ブラスター』。音量調節の際の音質の劣化を抑えてくれる「電子制御アッテネーターLECUA」、さらには独自の「ODNF回路Ver2.3」など、Luxmanの技術を取り入れた最高傑作のひとつです。

音の伸びや分離により、一つひとつの音をしっかりと体感できるのが魅力。聞けばきっと満足すること間違いなしですよ。お値段は少々しますが、音にとにかくこだわりたい人は『L-505uX ブラスター』を購入して損することはありません。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:MT管
  • 出力:100W+100W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:440X178X454mm
  • 本体重量:22kg
  • メーカー:Luxman

12. LX-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

こちらも「Luxman」が提供している、プリメインアンプタイプの真空管アンプ『LX-380』。レトロでおしゃれな外観な特徴の商品で、なんと1970年代の名機を受け継いだデザインに。アンプとしてだけではなく、部屋のインテリアとしても活躍してくれる一台です。

もちろん性能面も充実しており、プッシュプルアンプ回路は「20W+20W」と十分な出力を誇っていますよ。さらにボリューム部分には「LECUA」を搭載することで、音質変化や経年劣化といった変化を抑えた高精度なボリュームに。

それだけでなく、「リモコン対応」「トーンコントロール」など幅広い高性能アンプとして非常におすすめしたい商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:GT管
  • 出力:20W+20W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:440X197X403mm
  • 本体重量:17.6kg
  • メーカー:Luxman

13. HT-1R

BLACKSTAR HT-1R Combo 1Wオールチューブアンプ

最後にご紹介するのが、自宅におけるギターの練習にうってつけの真空管ギターアンプ『HT-1R』。音色や歪みの幅が非常に広いのが特徴で、さまざまなサウンドセッティングを楽しみたい人にうってつけ。

さらに「ISFコントロール」により、ツマミを回すことで「アメリカンサウンド」さらには「ブリティッシュサウンド」における連続的なトーンの変化が可能に。そのほかにも、「MP3/ライン入力端子」「スピーカーエミュレート・ヘッドホン出力」などさまざまな機能が搭載されています。

お値段も34,000円と非常にリーズナルなので、ぜひ購入してギターの練習をしてみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:プリメインアンプタイプ
  • 管の種類:不明(「12AU7(ECC82)X1」「12AU7(ECC83)X1」を使用)
  • 出力:1W
  • アンプ数:プッシュプル
  • 本体サイズ:308X305X172mm
  • 本体重量:6kg
  • メーカー:BLACKSTAR

自分のミュージックライフに合わせたアンプをチョイスしてみて

自分のミュージックライフに合わせた一台をチョイスしてみて

ここまで真空管アンプに関することから真空管アンプ選びのポイント、さらにはおすすめしたい真空管アンプをご紹介しました。真空管アンプを購入する際は、まず「音が出るような状態で、ギター側の方からシールドを抜かない」といった使い方における注意点を確認しておくことが重要です。

そのうえで選び方のポイントをしっかりと参考にしながら、後悔のない一台を選ぶようにしましょう。また製品ごとに特徴が異なるので、どのような部分にこだわりたいのかあらかじめ決めておくと、スムーズに真空管アンプが選べますよ。


【参考記事】人気のAVアンプについて細かくご紹介します▽


【参考記事】家でスピーカーにこだわりたい方は▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事