バックパックのおすすめ15選。丈夫で大容量な最強リュックサックとは

旅行や通学など、幅広い用途で使える人気かばん、バックパック。日本ではリュックサックと差はありませんが、バックパックの方が登山などのアウトドアで使われる言葉です。今回は、そんなバックパックのおすすめを15種類厳選。丈夫・大容量が揃った最強リュックで旅を充実させましょう。

メンズ・レディースどちらでもOK。おすすめのバックパックを大公開!

バックパックのおすすめ商品

社会人だけでなく大学生にも人気の高いバックパック。充実した機能とデザインのかっこよさから、登山や海外旅行だけではなく通勤や通学時にも活用されています。とくに徒歩や自転車通勤の方は、ひとつあると重宝します。

今回は、バックパックの選び方のコツと15個のおすすめ商品をご紹介します。メンズでもレディースでも使えるおしゃれで利便性の高いアイテムばかりを厳選しました。種類が多すぎてどれにしようか迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。


そもそも、バックパックとは?

バックパックとは何?

バックパックとは、荷物を入れて背負うバッグのことです。長期の海外旅行や登山などで活用され、バックパックを背負って旅行する人たちのことをバックパッカーと呼ぶこともあります。バックパックが愛用されているのは、軽くて荷物がたくさん入り、機能的だからです。ウエストや胸の部分にベルトがあるので体にしっかり取り付けられ、厳しい環境下での登山や慣れない土地での旅行時にも安心して使えます。お手頃価格で手に入るものもあり、通勤や通学用に気軽に使える小さいサイズも販売されています。


リュックサックとの違いとは?

リュックサックは、ドイツ語で”背中に担ぐ袋”という意味です。バックパックは英語ですが、まったく同じ意味を持つため本来は同じアイテムを指します。しかし、日本では、比較的小さく日常的に使用できる商品をリュックサックと呼び、登山や旅行で使う大きめの商品をバックパックと呼ぶ傾向にあります。バックパックのほうがベルトやポケットが多いなど機能面が充実しており、サイズが豊富なので人気が高いです。メンズ向け商品が多いですが、レディース向けやカラフルなバックパックもあります。


バックパック選びで大切なこと

バックパックの選び方とは

バックアップのおすすめアイテムを確認する前に、まずはバックパック選びで大切なポイントについて勉強していきましょう。バックアップ選びは、

  1. 用途 (旅行 or 登山など)
  2. ベルト数
  3. メーカー
  4. デザイン
  5. 容量
  6. 価格

の6点を確認しておくことが大切です。ここからは6つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 用途

バックアップ選びは、はじめに旅行や登山、通勤、通学など、使用用途を考えましょう。バックパックには、登山に便利な防水加工つきの商品や、通勤・通学に使える軽くておしゃれなデザインの商品もあります。特に登山では、旅行や通勤・通学よりもハードな環境で過ごすことになり、耐久性や機能面を重視します。旅行では渡航先や滞在期間を考えて選ぶと、自分にあったバックパックが見つかりやすいです。


2. ベルト数

バックパックにはカバンと体を固定するベルトや、形状を変えるためのバンドがついています。ベルトの数によって使い勝手のよさが変わるため、ベルト数をあらかじめチェックしておきましょう。小さいバックパックにはウエストベルトがついていない商品もありますが、基本的にウエストベルトつきのほうが安定感があります。

サイドにあるベルト数が多いほど、荷物の量に合わせてフィット感に調整でき、背負い心地がよくなりますよ。ベルトの多いバックアップでもおしゃれなアイテムはあるため、ぜひチェックしてみてください。


3. メーカー

長く愛用できる丈夫なバックパックを持ちたいなら、メーカーはアウトドアブランドにこだわりましょう。一般的なファッションブラントと違い、アウトドアブランドから販売されているバックパックは、使いやすさ、頑丈さにこだわっており、登山や海外旅行など過酷な状況下でも破損しにくい設計になっています。貴重品など大事な荷物を入れるカバンなので、必ず信頼できるメーカーをセレクトしてください。


4. デザイン

機能面だけではなく、デザイン性の高いおしゃれなバックパックが増えてきました。形状やポケット、ベルトの位置などで少しずつデザインが異なるため、好みのデザインを選びましょう。カラーも定番の黒だけではなく蛍光色や柄物もあります。基本的に好みに合わせて選べばOKですが、街中で使いたい場合や、コーディネートに合う商品を選びたい方は黒がおすすめです。


5. 容量

バックパックには10Lから50L以上まで、容量の違う商品がたくさんあります。10Lはかなり小さめで、旅行用のサブバッグやハイキングなどに適しています。20Lは使い勝手のいい大きさで、通勤や通学にもちょうどいいサイズです。30L以上は登山や海外旅行にも使えますよ。日にちの目安としては、1~2泊なら30L、2~3泊なら40L、1週間以上の滞在なら50L以上を目安にしましょう


6. 価格

価格が安すぎるバックパックは、生地の質が低く、いざというとき破損の恐れがあります。登山や旅行中にベルトが切れたり、生地が破れたりしてしまうと、せっかくの遠出が台無しです。安全面や滞在先の治安も考慮し、ある程度高いものを選んでください。基本的に、アウトドアブランドの商品はノーブランド品よりも価格が高いですが、それだけ信頼できます。


バックパックのおすすめ15選

バックパックのおすすめ商品

ここからは、旅行にも使えるおすすめのバックパックを15つご紹介していきます。6つのポイントを押さえながら、どの商品が自分に合っているか検討してみましょう。容量やメーカーなどの基本情報から、材質や防水機能の有無まで解説します。メンズ商品を中心にセレクトしましたが、女性が背負ってもかっこいいので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。


1. グレゴリー テラ30

[グレゴリー] バックパック 公式 テラ30 75916104...

快適さや品質の高さに定評のあるグレゴリーの人気バックパックです。荷物を取り出しやすい設計で、軽登山や通勤・通学に適しています。貴重品を入れられるセキュリティーポケットつきで、荷物をすっきりひとまとめできますよ。レインカバー付きで雨の日も慌てることがありません。

ポケットの数は5つで、外側に4つ、内側に1つついています。ウエストベルトとチェストベルトがついており、フィット感は抜群です。定番のブラック以外にも、知的なネイビーブルー、女性にぴったりのマゼンタがあります。背中部分は蒸れにくいメッシュ素材で、年中活用できます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:21~30L
  • メーカー:グレゴリー
  • 材質:210Dヘビーツイルナイロン テフロンコーティング
  • 収納可能サイズ:A4サイズ収納可能
  • 防水機能:レインカバー付き

2. チャンピオン バレル スクエアリュック

Champion (チャンピオン) バレル スクエアリュック ...

ブランドロゴが縦に入ったおしゃれなデザインで、通勤や通学におすすめのバックパックです。スクエアリュックで電車内で背負っていても邪魔になりません。撥水性と防汚性に優れており、背面はメッシュ素材で真夏でも快適です。オープンポケットで荷物の出し入れがしやすくA4サイズの書類も楽々入ります。

両サイドのオープンポケットには500mlのペットボトルが収納可能で、長距離の移動時や軽登山にもぴったりです。ガイドブックやスケッチブックなど冊子が入るオープンポケットが2つついており、機能性とルックスのよさを兼ね備えています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:23L
  • メーカー:チャンピオン
  • 材質:ポリエステル600dnオックス/PVC加工
  • 収納可能サイズ:B4サイズ
  • 防水機能:撥水性あり

3. コロンビア バックパック スターレンジ20L

(コロンビア)Columbia バックパック STAR RAN...

スクエア型がスマートな黒の人気バックパック。20Lでデイリー使いしやすく、シンプルなルックスでスーツにも私服にもマッチします。内部はシックなレッドブラウンで、正面には便利なオーガナイザーポケットとキーフックがあり機能性は抜群です。背面には書類やパソコンが収納できるポケットつきで、電子機器も安全に持ち運びできます。

サイドポケットは大きなファスナーで開け閉めしやすく、仕事でもプライベートでも活躍してくれますよ。雨や汚れを弾くプロテクション機能で、撥水性・防汚性があります。通常の生地より3~5倍の速乾性があり、悪天候時でも安心です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:20L
  • メーカー:コロンビア
  • 材質:ナイロン100%NON-P PVC80%、ポリエステル20%
  • 収納可能サイズ:B4
  • 防水機能:撥水性あり

4. ザ・ノースフェイス リュック BC FUSE BOX NM81630

[ザ・ノース・フェイス] リュック BC FUSE BOX N...

摩擦に強く耐水性のあるTPEファブリックラミネートのポリエステルを使用したバックパックです。背面のブランドロゴが目立ち、存在感があります。ボックス型の洗練されたおしゃれフォルムで、タウンユースに最適です。

荷物の少ないときはサイドのストラップで厚みの調整できます。カラーバリエーションが豊富なので、カラフルなバックパックを探している方にもおすすめです。ポケットは外側に2つ、内側に6つの計8つで、収納しやすいのが魅力的。開閉しやすい大型のファスナーを使用しており、正面には小物を取り付けられるチェーンつきでです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:21L
  • メーカー:ザ・ノースフェイス
  • 材質:ポリエステル100%、1680Dナイロン
  • 収納可能サイズ: B4
  • 防水機能:耐水性あり

5. ビームス Manhattan Portage×BEAMS / 別注 1220BM

耐久性のあるバッグを手掛けるマンハッタンポーテージとビームスがコラボして作ったバックパックです。上品で都会的なデザインが特徴的。ベルトやポケットの少ないシンプルな構造で、ネイビーとレッドのコントラストがクールです。背面は通気性に優れたメッシュ素材で、ショルダーパットつきで楽に背負えます。

フロント部分は開閉しやすく、縦長のシルエットで厚みも出にくいため、タウンユースから小旅行にぴったりです。底面にはロゴと建物のイラストがプリントされており、人とかぶりにくいバックパックを探している方におすすめですよ

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:28L
  • メーカー:ビームス
  • 材質:ナイロン
  • 収納可能サイズ:A4
  • 防水機能:―

6. バッハ TRAVELSTAR

BACH バッハ リュック 132501 TRAVELSTAR...

バッハはトラベルやアウトドアで使える、個性的で機能的なバッグを展開する人気ブランドです。素材や軽量化にこだわりがあり、デザインもおしゃれ。こちらの商品はカラーが黒で、ハンドルをつけかえると、ブリーフ、ショルダー、リュックの3wayとして使える商品です。一見カジュアルに見えますが、ハンドルの付け替えでビジネスシーンからアウトドアまで対応できます

サイドはベルトでボリューム調整でき、外側に4つのポケット、内側に3つのメッシュポケットつきで使い勝手抜群です。大きく開くU字型ファスナーでパソコンやタブレットの出し入れもスムーズですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:28L
  • メーカー:バッハ
  • 材質:コーデュラナイロン
  • 収納可能サイズ:A4
  • 防水機能:―

7.アディダス  EPS バックパック

[アディダス] リュック EPS バックパック 30 DMD0...

アディダスのEPSシリーズは、合宿や出張、旅行に適した人気バックパックです。摩擦に強い生地で30Lの大きさはサブバッグとしてぴったり。大きく開くメインファスナーで、収納しやすく、シンプルなデザインなので飽きることなく長く愛用できます。小物の出し入れがしやすいジップ式ポケットつきで、サイドにもポケットがあり機能的です。

消臭・防菌効果があり、汗の匂いや菌の繁殖をブロックし、学生から社会人まで幅広く使えます。アディダスはスポーツ用品を手掛ける有名ブランドなので、アウトドアブランドに詳しくない方でも安心して購入できるのではないでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:30L
  • メーカー:アディダス
  • 材質:ポリエステル750D、ポリエステル600D
  • 収納可能サイズ:B4
  • 防水機能:なし

8. ミレー リュック ZENITH 30 MIS2026

[ミレー] リュック ゼニス 30 MIS2026 1546 ...

軽量でシンプルな構造でありながらホールド感と通気性が抜群で、旅行や登山におすすめ。メッシュ素材の生地を多用しており通気性が高いので快適に背負え、サイドもフロント部分も小物の収納に便利なポケットがたくさんついています。定番の黒以外にビビッドなブルーとレッドがあり、カラフルなバックパックを探している方や女性にぴったりです。レインカバーつきで急な雨でも対応できます。

ウエストベルトやチェストベルトは太すぎず、長距離移動時も邪魔になりません。スタンダードな形状と過不足のない充実した機能を兼ね備えた商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:21〜30L
  • メーカー:ミレー
  • 材質:ナイロン、ポリエステル
  • 収納可能サイズ:B4
  • 防水機能:レインカバーつき

9. パタゴニア  ブラックホール・パック 30L

[パタゴニア] patagonia Black Hole Pa...

通勤や通学にも使えるおしゃれなデザインの中型バックパックです。収納力が高く、中身の出し入れがしやすいメイン開閉部は、半円型のジッパー式で15インチまでのパソコンやタブレットが楽々入ります。鍵や財布などの小物に適したメッシュポケット付きで、荷物が多い方もカバンの中がごちゃつきません。

フロントポケットにはガイドブックや電子機器の収納に向いており、フロントのチェーンにはスケートボードやヨガマットも取り付けられます。サイドポケットにはドリンクポケットがあり、旅行時にもおすすめです。パッド入りのショルダーストラップで荷物が重くても担ぎやすく、通気性に優れています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:30L
  • メーカー:パタゴニア
  • 材質:ポリエステル
  • 収納可能サイズ: A3
  • 防水機能:あり

10. コールマン ウォーカー33

[コールマン] リュックサック ウォーカー33 2000032...

アウトドアから日常使いまでOKなスタンダードな人気バックパックです。容量は33Lで汎用性が高く、旅行や軽登山にも向いています。通気性のあるメッシュ素材で背中が蒸れにくく、ウエストベルトとチェストベルトがついており、フィット感が抜群です。外側にある4つのポケットで小物が取り出しやすく、B4サイズ・A3サイズまで収納できる大きさでビジネスシーンでも使えます

鍵を取り付けるフック、ペンホルダーなど機能面が充実しており、ベーシックなデザインで男女問わず使えます。ウォーカー33の最大の魅力は豊富なカラーバリエーションで、サクラやスノーなどの明るい色やスカイ、サンフラワーなどの原色、チェック柄などがあります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:33L
  • メーカー:コールマン
  • 材質:ナイロン/ポリエステル
  • 収納可能サイズ:A3
  • 防水機能:―

11. グラビス リマ

軽くてユニセックスなデザインで男女問わず愛用者の多いグラビスのリマバックパック。 軽いためタウンユースやハイキングなどにおすすめです。パッド入りのラップトップスリーブがあり、壊れやすい電子機器の持ち運びにも適しています。ポケットは外側に5つ、内側に3つの計8つで整理しやすくスマートな形状で荷物が多いときも少ないときも使いやすいです。チェストストラップつきでフィット感があります。

フラップには小物が収納できるポケットがあり、サイドポケットからメインコンパートメントへのアクセスも可能です。内側はグラビスのアートデザイナー・花井祐介氏によるポップなイラストが施されています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:26L
  • メーカー:グラビス
  • 材質:合皮、コットン、ポリエステル
  • 収納可能サイズ:―
  • 防水機能:―

12. グレゴリー コンパス40

[グレゴリー] バックパック 公式 コンパス40 27J*09...

40Lとたっぷり収納できる大容量バックパックです。細身でありながら適度な硬さで頑丈なため、旅行やジム通いにおすすめ。飛行機の荷物棚に乗せやすい形状である事も人気の理由でしょう。パットつきのPC用スリーブがあるので電子機器の持ち運びもOKで、整理用メッシュポケットにより荷物の整理がしやすいです。

伸縮性のある仕切りパネルで、シューズや汚れた服などを分けて入れることもできます。蒸れにくいメッシュ素材の背面とチェストベルト付きで、機能面はバッチリです。スクエア型でシンプルなデザインなため、機能面と容量を重視したい方におすすめ。カラーはブラックとネイビーの2色展開です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:40L
  • メーカー:グレゴリー
  • 材質:ポリエステル、ナイロン
  • 収納可能サイズ:A4
  • 防水機能:―

13. ザ・ノースフェイス テルス42

[ザ・ノース・フェイス] リュック W TELLUS 42 N...

小屋やテント宿泊に適した大容量タイプのバックパックです。MとLの2つのサイズがあり、背面の長さに合わせて選べます。シンプルな構造で使い勝手のいい機能が搭載されており、登山初心者から熟練者にまで指示されている人気モデルです。フィット感に優れた背面パネルとショルダーで、長時間背負っていても疲れにくい設計。

レインカバーつきで雨の日も安心です。ポケットの数は8つで、外側が6つ、内側が2つです。ウエストベルト部分にもポケットがあり、小物の出し入れがスムーズにできます。40L台の大容量バックパックですが、女性でも背負いやすい点は嬉しいポイントですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量::M/40L、 L/42L
  • メーカー:ザ- ノースフェイス
  • 材質:ナイロン
  • 収納可能サイズ:―
  • 防水機能:レインカバーつき

14. マウンテンハードウェア スプリッター40

Mountain Hardwear マウンテンハードウェア ス...

耐久性と耐摩耗性の高い生地を使用した40Lサイズの大容量バックパックです。旅行や登山に適した縦長のシルエットで、2つのフロントパネルジッパーで、荷物を素早く取り出せます。フロントパネルからロープやギアの出し入れもでき、トップにはヘルメットも収納可能。メイン部分はフルオープン式で、内部のポケット数も多いです

内側のメッシュポケットはキークリップ付属で、ジッパータイプなので地図やガイドブックの収納に適しています。ショルダー部分はメッシュ素材で汗をかいても蒸れにくく、快適です。登山や海外旅行時に使える大容量サイズのバックパックを探している方におすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:40L
  • メーカー:マウンテンハードウェア
  • 材質:バリスティックナイロン
  • 収納可能サイズ:―
  • 防水機能:―

15. ドイター エアコンタクト 55 +10 

Deuter ドイター エアコンタクト 55 +10 D332...

55Lと10Lの2気室の大容量バックパック。旅行、登山、キャンプなどにおすすめのバックパックです。ハードな環境でも耐えられるよう、耐久性の優れた生地を採用しており、パットが厚いので肩や腰にしっかりフィットします。全体的に荷重が腰にかかるよう設計されており、背負いやすいので老若男女問わず使えます。

開閉部は2気室ともU字型ファスナーで開き、バッグを横に倒しての整理が可能。内部には防水機能の高い生地を使用しており、濡れた装備をしまっても快適に背負えます。担ぎやすさと機能面を両立させたバックパックで、痒いところに手が届く商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 容量:55L + 10L
  • メーカー:ドイター
  • 材質:ポリエステル、ナイロン
  • 収納可能サイズ:B4
  • 防水機能:レインカバーつき

バックパックのおすすめメーカーを6社ご紹介します!

ここからは、バックパックを取り扱っているおすすめメーカーを6社ご紹介します。バックパックを販売しているメーカーはたくさんありますが、多くの人に支持されているブランドは機能面もデザイン性も優れています、今回は世界的に有名なブランドばかりを厳選しており、メーカー選びで迷っている方は必見です。メーカーの特徴や価格帯、どんな人におすすなのかを解説しますので、使用用途を考慮しながら選んでみてください。


おすすめメーカー1. パタゴニア

パタゴニアはアウトドアウェアを販売しており、メンズ、レディース、キッズ用品まで手掛けるブランドです。バックパックは4,000~13,000円ほどのリーズナブルな価格帯の商品が多く、通勤や通学で手軽に使える商品がたくさんあります。撥水性に優れた軽い生地を使用しており、容量のバリエーションも豊富です。

特に10L台~20L台のバックパックが多いので、小さめサイズを探している方や、初めてバックパックを購入する方におすすめ。スポーティーかつクラシックなルックスで、デザイン性の高さが魅力的です。

パタゴニアのバックパックを見る


おすすめメーカー2. コールマン

コールマンは、テントやアウトドアグッズなどキャンプ用品を販売しているメーカーです。バックパックだけではなくショルダーバッグやキャリーバッグなども取り扱っています。タウンユースのバックパックもありますが、アウトドア好きに人気の高いブランドなので意外と持っている人が少ない穴場ブランドです。価格帯は5,000~10,000円未満と良心的で、シンプルですっきりとしたデザインが特徴ですが、明るいカラーもあるのが魅力的。品質が高く、人とかぶりにくいバックパックを探している方におすすめです。

コールマンのバックパックを見る


おすすめメーカー3. ザ・ノースフェイス

ザ・ノースフェイスは、アメリカ生まれのアウトドアブランドとして有名で、機能的かつファッショナブルなアイテムが多いです。防水性と耐摩耗性に優れた生地を使っており、頑丈なアウトドアウェアが多く、バックパックも丈夫な作りに定評があります。価格帯は7,000~15,000円で手が届きやすく、スクエア型のスタイリッシュな形状のアイテムが多いことからデザイン性を重視する方にぴったりです。背面にブランドロゴが大きく入ったものや小さく表示されているものもあるので、好みのデザインを選んでください。

ザ・ノースフェイスを見る


おすすめメーカー4. グラビス

1998年にスタートしたブランドで、スニーカーやメンズファッションアイテムを取り扱っています。バックパックはタウンニュース用のカジュアルな商品が多く、使いやすい大きさでありながらクールなデザインが特徴的。価格帯は5,000~15,000円で、迷彩柄もあります。通勤や通学に使えるかっこいいいデザインのバックパックを探している方にぴったりのブランドです。パソコンが収納できる仕切りやフロントポケットに直結するサイドポケットなど、電子機器や音楽ツールが使いやすい構造も見逃せません。

グラビスのバックパックを見る


おすすめメーカー5. グレゴリー

アメリカ・カリフォルニア州生まれた、40年以上の歴史を持つ老舗バックパックブランドです。人間工学に基づいた設計で背負いやすく、品質の高い生地を使用して耐久性や機能性を追求しています。レインカバーつきの商品が多く、鮮やかな色合いのレディースモデルも豊富です。価格は5,000~20,000円で、アウトドア用からタウンユースできるアイテムまでそろっています。フィッティングにこだわりがあり、どんな身長や体型でも調節しやすいベルトが使われていて、担ぎやすさと機能性を求める方におすすめのメーカーです。

グレゴリーのバックパックを見る


おすすめメーカー6. ミレー

ミレーはトレッキングや登山アイテムを扱うブランドで、世界中の登山者に支持されています。登山グッズが収納しやすいポケットや仕切りが多く、サイズやカラーバリエーションが豊富です。そのため、登山や海外旅行用のカバンを探している方におすすめです。収納力は抜群で、荷物が多くてもコンパクトな縦型のシルエットになります。ショルダーは背負いやすさにこだわりがあり、長時間担いでも疲れにくいです。価格帯は5,000~30,000円と幅広く、大きさや作りの違いによって様々です。

ミレーのバックパックを見る


大容量バックパックで最高の旅にしよう。

今回はバックパックの選び方とおすすめ商品、人気の高いメーカーについてご紹介しました。一口にバックパックと言っても、容量や大きさが異なるものがたくさんあるので、通勤や通学、旅行や登山など、用途によって適したアイテムを選ぶことが大切です。最近はアウトドアだけではなく街中で使う人も増えてきたため、かっこいいデザインの商品も増えてきました。バックパックなら両手が開くので街中での移動もスムーズになります。ぜひ自分にあったバックパックをセレクトしてください。

【参考記事】おしゃれなリュックサックなら、こちらを参考に▽

【参考記事】男旅に使える最高のバックパックをご紹介します▽

【参考記事】リュックサックを使ったコーディネートを解説▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事