ホームシアターシステムのおすすめ15選。自宅でド迫力な映画が楽しめる人気の設備

自宅が映画館のように大画面で大迫力な音楽を楽しめたら、どれほど幸せでしょうか。そこで今回はホームシアター設備におすすめのプロジェクター&スピーカーを大公開。初心者向けの低価格でコスパ最強のものから、上級者向けの高級でハイテク機能がついた一台までお届けします。

おすすめのホームシアター設備を大公開

おすすめのホームアター設備を大公開

家にいながら、映画もしくは野球やサッカーといったスポーツ観戦を、大画面のスクリーンで楽しめるのが「ホームシアター」の魅力でしょう。今回はホームシアターを楽しむために必要な機材から、おすすめしたいプロジェクター設備についてご紹介します。各商品ごとにさまざまな商品ステータスもあわせて記載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ホームシアターを楽しむために必要な機材とは?

ホームシアター設備に必要なものとは

ホームシアターを楽しむためには、映像を映し出す「スクリーン」や「テレビ」、より迫力のある映像にするための「スピーカー・サウンドバー」など、さまざまな設備が必要となります。ここでは、ホームシアターを楽しむために必要な機材をご紹介。「何が必要なのかわからない」という人は、ぜひ参考にして必要な機材を完ぺきに取り揃えましょう。


1. プロジェクター&スクリーン

まずホームシアターにおいて必要になるのが、「プロジェクター」と「スクリーン」です。プロジェクターとはスクリーンに映像を映し出す投影機のことで、大画面のスクリーンに向かって映像を投影します。パソコンやDVD、さらにはブルーレイの映像を大画面のスクリーンへ映し出すには、プロジェクターがなければできません。

プロジェクターを使用すれば、テレビで映せるような映像はほとんどプロジェクターで投影可能。地上波などを大画面で見たいときにも役立ってくれますよ。


2. スピーカー・サウンドバー

プロジェクターやスクリーンだけではありません。ホームシアターをさらに楽しむためには、「スピーカー」もしくは「サウンドバー」も必要不可欠。高音質のスピーカーを取り入れることで、映像により臨場感が生まれ、迫力のあるサウンドが楽しめますよ。より映画館に近い臨場感を体感したいのであれば、「5.1ch以上」のホームシアターシステム、使い勝手がよくコスパを求めたいなら「2.1/3.1chタイプ」のホームシアターシステムがおすすめです。

【参考記事】ホームシアターに最適なおすすめのスピーカーについて大公開▽


3. テレビ

テレビで映画館のような臨場感を得たいという人も多いはず。テレビ選びもホームシアターを楽しむためには重要な要素になりますよね。近年は、テレビも大画面化・高画質化が進んでいます。より大迫力で楽しみたいと思うのであれば、「4Kテレビ」がおすすめ。4Kテレビはフルハイビジョンの4倍もの解像度を持っているので、非常に高画質な映像を映し出してくれますよ。気になる人は、ぜひテレビの買い替えも検討してみてはいかがでしょう。

【参考記事】おすすめの4Kテレビについてはこちらをチェックしてみて▽


4. AVアンプ

「AVアンプ」とは、DVDプレーヤーやブルーレイレコーダーなどのすべての機器をつなぐもので、映像もしくは音声などの入出力、さらには音色や音量の調整といった役割を果たしています。AVアンプを選ぶ際は、まず4K信号などに対応しているかもチェックしておきたいところ。せっかく4Kテレビを購入しても、AVアンプが4K信号に対応していければ意味がありません。それだけでなく、ネット経由による「ハイレゾ音源再生」などの音楽に関する部分もしっかりと確認しておきましょう。

【参考記事】ホームシアターに欠かせないAVアンプのおすすめはこちら▽


ホームシアター用プロジェクターのおすすめ7選

ここからは、ぜひおすすめしたいホームシアター用のプロジェクターをご紹介。各プロジェクターで、「明るさ」「画素数」といった商品ステータスも載せています。購入後に「この商品よりあっちの商品の方がよかったな」なんて後悔しないためにも、自分にとって最適なプロジェクターはどれなのか考えながら、比較してみてくださいね。


1. エプソン EB-W420

EPSON プロジェクター EB-W420 3000lm WX...

最初にご紹介するホームシアター用プロジェクターは、なんと3000lmの明るさを誇っている『EB-W420』。コスパのいいプロジェクターを求めている人にぜひおすすめしたい一台です。ビジネス向けに作られた商品ですが、サイズもコンパクトで家庭でも使用可能。

色を綺麗に映してくれる「3LCD方式」を採用しており、他の方式と比較して最大でなんと3倍の明るさを実現しています。さらにパソコンの主流でもある「WXGA」に対応しているので、パソコン画面も高画質で映し出せますよ。機能性に優れているので、プロジェクター初心者の最初の一台に『EB-W420』はいかがでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:297×234×77mm
  • 明るさ:3000lm
  • 画素数(解像度):WXGA(1280×800)
  • 映写- サイズ:不明
  • メーカー:エプソン

2. エプソン dreamio EH-TW8300W

EPSON dreamio ホームプロジェクター(100000...

「ビジュアルグランプリ2018」の映像音響部会において金賞を受賞、徹底して高画質を求める人におすすめしたいのが高級プロジェクター『EH-TW8300W』。斜めに0.5画素シフトするエプソン独自の技術「4Kエンハンスメントテクノロジー」により、高画質な映像が楽しめますよ。

さらにワイヤレス接続によって、煩わしい配線も必要ないのも大きな特徴。家に高品質なプロジェクターがほしい人には、たまらない一台になるでしょう。ちなみにお値段はAmazon価格で362,730円と少々高め。予算をしっかり考えながら、購入するか決めてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:520×450×170mm
  • 明るさ:2500lm
  • 画素数(解像度):Full HD(1920×1080)
  • 映写- サイズ:不明
  • メーカー:エプソン

3. ヴィヴィテック QUMI Q6

QUMI Q6-BKブラック 超軽量475g 高輝度800ルー...

本体の重さがなんと500g以下と、非常に軽量化されたホームシアター用プロジェクター。持ち運びが楽で、置き場所を簡単に移動しやすい商品です。製品のカラーバリエーションも豊富で、7色から自分好みの一台が選べますよ。

さらに見た目も個性的で、インテリアとしても活躍してくれること間違いなし。Wi-Fiが内臓されているのも大きな特徴で、パソコンやスマートフォンへの無線接続も可能。最高輝度800lm、ランプ寿命なんと約30000時間のLED光源を採用しているホームシアター用プロジェクターで、高画質で明るい映像を楽しみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:165×102.4×34mm
  • 明るさ:800lm
  • 画素数(解像度):WXGA(1280×800)
  • 映写- サイズ:40〜80インチ
  • メーカー:ヴィヴィテック

4. ソニー  LSP×-P1

ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテ...

コンパクトなホームシアター用プロジェクターを探している人に、まさにうってつけの商品が『LSPX-P1』。サイズが非常にコンパクトなので、持ち運びも楽々ですよ。さらに他のプロジェクターとは異なる特殊な投影構造になっており、なんと壁から0cmでも映し出せちゃいます

映写サイズも幅広く、22インチから最大80インチまで対応可能。液晶テレビの置けないような、小さな部屋でも大活躍してくれますよ。デザインも非常にシンプルで、部屋に溶け込みやすいつくりになっているのも大きな魅力。寝室などでテレビや映画を大画面で楽しみたい人は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょう。一人暮らしの人にもおすすめの商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:81×131×131mm(プロジェクター)、135×135×135(ワイヤレスHDMLユニット)
  • 明るさ:100lm
  • 画素数(解像度):1366×768
  • 映写- サイズ:22〜80インチ
  • メーカー:ソニー

5. ベンキュー HT2050

BenQ プロジェクター HT2050 ホームシアター (DL...

非常にバランスのとれたホームシアター用プロジェクター『HT2050』。明るさが2200lmほどあるので、明るい部屋でも使いやすい設計になっています。さらに15000:1とコントラスト比も高く、スポーツや映画をはじめ、さまざまなジャンルにおいて高画質な映像が楽しめます。

それだけではなく、オプションの3D専用メガネを使用すれば3D映像を楽しむことも可能。最大ランプ寿命が6,000時間にも及ぶ長寿命を可能にしたホームシアター用プロジェクターで、ダイナミックな映像を楽しみませんか。Amazon価格でお値段76,980円です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:380.5×121.7×277mm
  • 明るさ:2200lm
  • - 画素数(解像度):Full HD(1920×1080)
  • 映写- サイズ:60〜300インチ
  • メーカー:ベンキュー

6.DBPOWER ミニLEDプロジェクター

DBPOWER ミニ LED プロジェクター 1500ルーメン...

コスパをを求める人にぜひおすすめしたいホームシアター用プロジェクター。Amazon価格で8,399円と非常に低価格です。安いからといってスペックが劣っているわけではなく、「1500lmの明るさ」「800×480の画素数」など、プロジェクターとしての機能もしっかりと備わっています。

さらに重量も950gと非常に軽く、持ち運びにも非常に便利。冷却ファンの音も小さいので、映像を集中して楽しみたい人の邪魔にもなりません。プロジェクター初心者、もしくは一人暮らしの人は、ぜひ『ミニLEDプロジェクター』を手にとってみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:187×149×77mm
  • 明るさ:1500lm
  • 画素数(解像度):800×480(1080フルHDにも対応)
  • 映写- サイズ:32〜176インチ
  • メーカー:DBPOWER

7. ASUS ZenBeam E1

ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクタ...

手のひらに乗るほどのコンパクトさが特徴のホームシアター用プロジェクター『ZenBeam E1』。まるでモバイルバッテリーのような見た目が特徴で、スマートフォンもしくはタブレットにつなげば、なんとモバイルバッテリーとしても使用できちゃいますよ。

さらにスピーカーも内臓しているので、『ZenBeam E1』一台あるだけで、どこでもちょっとした上映会を開くことも可能。最大120インチまでの映写、さらには台形自動補正機能も兼ね備えた、高機能なホームシアター用プロジェクターで、今までとは異なる高画質な映像を楽しみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:83×110×29mm
  • 明るさ:150lm
  • - 画素数(解像度):WVGA(854×480)
  • 映写- サイズ:15〜120インチ
  • メーカー:ASUS

【参考記事】家庭で使いたくなるようなプロジェクターのおすすめはこちら▽


ホームシアター用スピーカーのおすすめ8選

ここからは、「ホームシアター用のおすすめスピーカー」を8種類お届けします。こちらも商品ごとに、「サイズ」「対応フォーマット」「メーカー」などそれぞれ記載しているので、ぜひその違いを参考にしてみてくださいね。上記のプロジェクターとの組み合わせも考えながら、大迫力のホームシアターづくりを目指してみませんか。


1. ソニー HT-MT500

ソニー SONY サウンドバー 2.1ch NFC/Bluet...

高音質な音にこだわりたい人におすすめなのが、「ソニー」が販売している『HT-MT500』。「ハイレゾ音源」に対応しているので、CDを超える迫力ある音が楽しめますよ。さらに自宅のインターネット環境を利用すれば、スマートフォンやタブレットに保存されている音楽、さらにはインターネットラジオが楽しめるのもポイント。

プラスして「SongPal」アプリをインストールすれば「SongPal Link」に対応する、オーディオ機器の一括管理も可能。縦置きや横置きなど自由にレイアウトできる高性能のホームシアター用スピーカーで、心ゆくまでホームシアターを楽しみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:500×64×110mm(本体)、95×383×380mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth、無線LAN
  • 対応フォーマット:ARC対応(出力のみ)
  • メーカー:ソニー

2. ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107 4K HD...

こちらも人気企業「ヤマハ」が販売しているホームシアター用スピーカー『フロントサラウンドシステム YAS-107』。テレビの前においても邪魔にならない、高さ53mmのコンパクトなつくりが大きな魅力です。

この商品の大きな特徴は、世界ではじめて高さ方向のバーチャル音場を実現した3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載しているところ。高さ方向の音場が再現できることにより、映像の迫力が一層感じられますよ。さらに4Kパススルーにも対応しており、4Kのテレビとの相性も抜群の一台に。ぜひ手にとって、世界初の技術を体感してみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:890×53×131mm
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ヤマハ

3. ジェイビール 2.0chホームシアターシステム BAR STUDIO

JBL Bar Studio 2.0chホームシアターシステム...

コスパを求めたい人にぜひおすすめしたいホームシアター用スピーカーです。ARCに対応していながら、Amazon価格で16,693円と非常に安いのが特徴。設定も簡単なので、機械音痴な人でも安心して購入できますよ。サイズも非常にコンパクトで、どんな場所においても邪魔になりにくく、壁にも設置できるレイアウトの自由さも大きな魅力。

Bluetoothにも対応しており、テレビ映像や映画だけではなく音楽も高音質で楽しめますよ。「ビジュアルグランプリ2018」で金賞も獲得したホームシアター用スピーカーで、臨場感のある毎日を楽しみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:614×58×86mm
  • 接続方法:Bluetooth、3.5mmステレオミニプラグ付きオーディオケーブル
  • 対応フォーマット:ARC対応
  • メーカー:ジェイビーエル

4. パナソニック SC-HTB885-K

パナソニック 5.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 B...

迫力のあるサウンドをとにかく楽しみたいという人は、ぜひ「パナソニック」の『SC-HTB885-K』を手にとってみてはいかがでしょう。音に立体的な広がりが感じられ、リアスピーカーのような5chのサラウンドが体感できますよ。この商品の最も大きな特徴は、サラウンド専用のアンプとスピーカーを搭載しているところ。

パナソニック独自の技術により、前方のスピーカーのみで音の広がりが感じられますよ。さらにワイヤレスサブウーファーを採用しているので、煩わしいケーブルも必要ないのもおすすめポイント。ぜひ『SC-HTB885-K』で、高音質な音を堪能してみてはいかがでしょうか。きっとホームシアターに満足の行く代物になるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:1125×51×56.5mm(本体)、180×408×306mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:パナソニック

5. ソニー HT-RT5

ソニー SONY ホームシアターシステム 5.1ch NFC/...

ケーブル不要のワイヤレスで、5.1chシステムを構築したホームシアター用スピーカー。本体のサウンドバーとサブウーファー、さらには2つのリアスピーカーはワイヤレスで接続できるので、ケーブルならではの煩わしさを感じることもありません。さらに4Kパススルーにも対応しており、4K映像をそのまま送信してくれるので高画質な映像も同時に楽しめます。

また、「ビジュアルグランプリ2018」では金賞を受賞しており、信頼感も抜群。おしゃれなホームシアター用のスピーカーを求めている人には、ぜひうってつけの一台ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:1080×56×128
  • 接続方法:Bluetooth、NFC
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ソニー

6. 東芝 REGZAサウンドシステム RSS-AZ55

東芝 ホームシアタースピーカー REGZAサウンドシステム R...

次にご紹介するのは、テレビに合わせて自由に設置できる「セパレートタイプ」のホームシアター用スピーカー『REGZAサウンドシステム RSS-AZ55』。その名の通り『REGZA』との連動性が非常に高いので、今使っているテレビが『REGZA』の人にはぜひおすすめしたい一台。

2.1chタイプのスピーカーですが、接続可能な機器は多く『DTS Studio Sound』にも対応していますよ。ちなみにスピーカー自体は、横向きだけでなく縦向きに設置することも可能。ホームシアター用のスピーカーに自由度を求める人は、ぜひ購入を検討して、その使い勝手の良さを体感してみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:660×90×96mm
  • 接続方法:HDMLケーブル
  • 対応フォーマット:ARC対応
  • メーカー:東芝

7.ヤマハ YSP-1600

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600 ...

テレビ前においても邪魔にならないよう設計されたのが、ヤマハの『YSP-1600』。高さ65mmと薄型のスピーカーになっているので、テレビの前はもちろん、ちょっとした隙間にも設置できちゃうのが大きな特徴です。

さらにヤマハ独自技術「YSP」により、室内の壁に向かって音を反射させているので、他のメーカーのスピーカーとは一線を画した臨場感が体感できますよ。あまりスピーカーに場所を取りたくない人は、置き場所にあまり困らない『YSP-1600』を購入してみませんか。Amazon価格で、お値段53,631円です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:1000×65×130mm
  • 接続方法:Bluetooth、Wi-FI
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ヤマハ

8. オンキヨー BASE-V60

ONKYO シネマパッケージ 2.1ch/ハイレゾ音源対応/4...

コスパのいいホームシアター用スピーカー探しているなら、ぜひ『BASE-V60』を検討してみてはいかがでしょう。Amazon価格で39,800円と低価格ながら、「ハイレゾ音源」「WI-FI」に対応したハイスペックな機器です。「4Kパススルー」にも対応しているので、4Kテレビとの相性も抜群。

2.1chですが、スピーカーを追加で買えば5.1chに拡張することも可能。音質にもこだわっており、45Hzの低音域の再生もできますよ。「どのホームシアター用スピーカーにしようか迷っている」という人は、ぜひ最初の一台にいかがでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:102×175×128mm(本体)、435×70×325.5mm(アンプ)、246×307.5×314mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth、WI-Fi
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:オンキヨー

【参考記事】スピーカーをお探しの方におすすめのサウンドバーについてレクチャーします▽


ホームシアターで至福の時間を堪能してみて

ホームシアターで至福の時を楽しんでみて

ここまで、おすすめのホームシアター用プロジェクターならびにスピーカーをご紹介しました。プロジェクターやスピーカーが一台あるだけで、臨場感ある空間を作り出すことが可能です。それぞれの商品で、品質にこだわっているものやコスパ重視のものまで特徴はさまざま。まずはどのような商品がほしいのか、自分でしっかりと明確にすることが重要です。そのうえで、自分に最適なプロジェクターさらにはスピーカーを選んでみてくださいね。


【参考記事】壁掛け対応もした液晶テレビのおすすめについてはこちら▽


【参考記事】必ず必須になるHDMIケーブルのおすすめも選んでみて▽


【参考記事】一緒に確認したいモニタースピーカーのおすすめはこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事