【“自分色”を楽しめ】経年変化が味わい深い「濃紺デニム」5選

いいデニムは、履く度に味わいが増していく。

黒デニムやダメージデニムを履くメンズも増えているが、今でも通の間では「濃紺デニム」が不動の人気を誇っている。

理由は、使い込むたびに経年変化が楽しめるからだ。

そこで今回は、自分だけの1本が作れるおすすめデニム5選をご覧あれ。


1. URBAN RESEARCH 濃紺デニム 10,800円

ストレッチ性の高いデニム

出典:zozo.jp

スキニータイプの濃紺デニム。

程よい染ムラ感が、味のある雰囲気を醸し出す。

販売サイトで購入


パーカーにデニムonデニムのセットアップで、“大人のカジュアルコーデ”

デニムオンデニムで洒脱に楽しむ

出典:zozo.jp

ボトムス:URBAN RESEARCH/10,800円


2. HARE 濃紺デニム 9,720円

裏起毛を施してあるデニムパンツ

出典:zozo.jp

ストレートとスキニーの間の細さにデザインされた一枚。

裏起毛の作りだから、冬でも温かく履ける。

肌触りも滑らかで、ストレスフリーに過ごせる。

販売サイトで購入


ロング丈のアイテムトレーヤードして、革靴で全体を引き締める

ロング丈のアイテムとレイヤードする上級コーデ

出典:zozo.jp

ボトムス:HARE/9,720円


3. SABLE CLUTCH 濃紺デニム 19,440円

スキニーデニム

出典:zozo.jp

前にポケットが付いているブッシュパンツ型のデニム。

伸縮性がとても高く、スキニーだけど楽に履ける。

厚みのある生地だから、寒い季節に丁度いい。

販売サイトで購入


ダークアイテムで統一感を出して、チェスターコートでキレイに“ハズす”

ダークトーンでまとめてトレンチコートでハズす

出典:zozo.jp

ボトムス:SABLE CLUTCH/19,440円


4. STUDIOUS 濃紺デニム 10,800円

ハリ感のあるテーパード調のデニム

出典:zozo.jp

オーソドックスな一枚。

スリムなシルエットは、自然と足を細く長く見せてくれる。

使っていく事で、経年劣化の風合いが味わえる。

販売サイトで購入


低身長男子は、ミドルネックレスで縦感を出そう!

ミドルネックレスで縦長効果を出す

出典:zozo.jp

ボトムス:STUDIOUS/10,800円


5. UNITED TOKYO 濃紺デニム 10,800円

ストレスフリーな履き心地のデニム

出典:zozo.jp

脚のラインをすっきり見せてくれる濃紺デニム。

細身のスキニー調ながら、ストレッチ性が高いから、履きやすくて動きやすい。

スポーツウェアの製作技術を取り入れた事で、新感覚のデニムに仕上がった。

販売サイトで購入


上級者は、トップスとボトムスで綺麗に色のコントラストを生み出す

3色アイテムでキレイにまとめる

出典:zozo.jp

ボトムス:UNITED TOKYO/10,800円


自分だけの1本を作り上げて、最高のデニムライフを謳歌しよう!

爽やかな淡紺のデニムや、ダメージデニムは夏向けのアイテムだが、濃紺デニムは通年使える。

季節を選ばないからこそ、長い期間、どんな季節も履き続けて、味のある風合いを出していける。

長く愛用できる1枚を手に入れて、自分だけのデニムを履き倒そう!


【参考記事】Smartlogの記事で、幅広い冬コーデを実現 ▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事